北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。
媒体名は各記事へのリンクになっていますが、リンク先が掲載期間終了などで無くなっている場合、また、有料記事などで閲覧できない場合があります。
検索入力: 以降 まで
かな・漢字対応(スペースで複数項目)

210件見つかりました

JR問題第三者委 道に委員会を
2017年11月17日 NHK

JRの路線見直しの協議に大きな進展が見られない中、国の命令で設けられたJR北海道の第三者委員会が、近く道に対して、どの路線を残すかを事実上、決める強い権限を持った委員会を設置するよう求めることがわかり...

青函共用区間の新幹線高速化を 道と青森県要望
2017年11月17日 北海道新聞

 青函トンネルを含む北海道新幹線と貨物列車の共用走行区間(約82キロ)で新幹線の最高時速が140キロに制限されている問題で、道と青森県の幹部が16日、東京都内の国土交通省などを訪れ、同区間の高速化を早...

沿線協議トンネルの中 札沼線の行方カギ JR維持困難路線公表1年
2017年11月17日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は16日の記者会見で、単独では維持困難な10路線13区間の地元協議を巡り、道と連携を強化する方針を鮮明にした。昨年11月の単独維持困難路線の発表から18日で1年を迎えようとする...

フェリー利用2.5%増、利尻、礼文島民の運賃値下げ7カ月
2017年11月17日 北海道新聞

 【利尻、利尻富士、礼文】離島の活性化を目的とした「有人離島保全特別措置法」の施行で、利尻、礼文両島に就航するフェリーと飛行機の運賃値下げを島民に適用してから7カ月。両交通機関の利用客数は少しずつ伸び...

発煙は冷房装置の破損が原因 8月のJR列車トラブル
2017年11月17日 北海道新聞

 札幌市厚別区のJR函館線厚別―森林公園間で8月7日、札幌発滝川行き普通列車(3両編成)の車内配電盤から煙が出て緊急停止し、乗客が避難したトラブルで、JR北海道は16日、冷房装置のスイッチ内部の部品が...

来年度にもJR新札幌高架橋を補修 年内に応急策
2017年11月17日 北海道新聞

 JR北海道の高架橋でコンクリート片などの落下が相次いでいる問題で、JRは16日、特に老朽化している札幌市の新札幌高架橋(千歳線平和―上野幌間)の補修工事を、早ければ2018年度にも始める方針を明らか...

道新幹線利用、10月26・3%減
2017年11月17日 北海道新聞

 JR北海道は16日、北海道新幹線の10月の利用実績が前年同月比26・3%減だったと発表した。1日平均乗客数は5200人で、乗車率は前年同月より9ポイント低い27%だった。  ただ、10月7~9日の3...

新生北洋銀にJR北海道社長「感謝と賛辞」 拓銀破綻20年
2017年11月17日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は16日の記者会見で、北海道拓殖銀行の経営破綻から17日で20年の節目を迎えることを受け、「関係者の懸命な努力により、新生北洋銀行として今また北海道経済をけん引していることに、...

路線見直し 協議加速へ道に私案提示
2017年11月17日 読売新聞

 JR北海道の島田修社長は16日の記者会見で、赤字路線の見直しを巡る沿線地域との協議の加速を目指し、地元負担などの具体的な方向性を盛り込んだ私案をまとめ、道に提示する考えを明らかにした。単独で維持する...

維持困難公表1年/中 「道は主体的役割を」 調整役に不満の声 /北海道
2017年11月17日 毎日新聞

 「あの態度を続けては、だめだ」。10月28日に札幌市で開かれた道とJR北海道、道市長会、道町村会の各トップ4者会談後、内容を聞いたある自民党道議は高橋はるみ知事の姿勢にため息をついた。  あの態度と...

(更新)JRの方向性“1年以内を”要求
2017年11月16日 NHK

JR北海道の路線見直しをめぐる協議に大きな進展が見られない中、国の命令で設置されているJRの第三者委員会は各路線を残すかどうかの方向性を1年以内に決めるようJRや道に求めることがわかりました。 事実...

JR北海道"単独維持困難"路線発表からまもなく1年 対象地域の多くで議論"進まず" 北海道
2017年11月16日 UHB

 JR北海道が、単独では維持困難とする路線を発表してから間もなく1年。路線見直しの議論が進まないなか、JR北海道は11月16日、今後の地域交通のあり方を北海道に提示したうえ、地域で協議を進める考えを示...

エア・ドゥ機長不足で2月も運休
2017年11月16日 NHK

北海道を拠点とする航空会社、エア・ドゥは機長の退職で乗員のやりくりがつかないとして今月に加え、来年2月に予定していた26便を追加で運休することを決めました。 エア・ドゥが運休を決めたのは、来年2月1日...

エアドゥ年末年始は通常運行 2月に26便を運休
2017年11月16日 HTBニュース

 パイロットの退職を理由に一部の便で運休が続いているエアドゥは16日、年末年始の運航に関しては影響がないことを発表しました。  エアドゥは今月25日までの間、新千歳と羽田間、新千歳と仙台間の一部の便の...

JR社長「地域の公共交通維持する仕組み示す」
2017年11月16日 HTBニュース

 JR北海道が単独で維持困難とする路線を公表してからまもなく1年が経過します。島田社長は16日の定例記者会見で、今後の地域交通についてJRとしての考えを示したいと述べました。  JR北海道の島田社長は...

エア・ドゥ、2月も機長不足で26便運休 夏ダイヤは影響未確定
2017年11月16日 Aviation Wire

 エア・ドゥ(ADO/HD)は11月16日、2018年2月1日から7日までの期間中、羽田-札幌線で計13往復26便が運休すると発表した。11月の運休と同じく機長不足によるもので、3月からの夏ダイヤに影...

駆け抜けた29年 ニセコエクスプレス引退
2017年11月16日 北海道新聞

 札幌とニセコ地区などを結ぶリゾート列車として1988年から親しまれてきた「ニセコエクスプレス」が11月4日、最後の運行を終え、29年間の歴史に幕を下ろした。  ニセコエクスプレスは「アルファ・コンチ...

13年早く来たパイロット危機 AIRDOが大量運休
2017年11月16日 日本経済新聞

 北海道を地盤とする航空会社、AIRDOが大量運休を余儀なくされている。機長2人の自己都合による退職で、運航スケジュールが組めなくなったことが原因だ。経営の甘さを批判されてもしかたがないが、同業他社も...

パイロット足りず… AIRDO、2月も26便運休
2017年11月16日 日本経済新聞

 AIRDOは16日、2018年2月に新千歳―羽田間で計26便(13往復)を運休すると発表した。退職などで運航乗務員(パイロット)を確保できないためとしている。同じ理由により11月にも新千歳と羽田...

JRの方向性“1年以内を”要求
2017年11月16日 NHK

JR北海道の路線見直しをめぐる協議に大きな進展が見られない中、国の命令で設置されているJRの第三者委員会は各路線を残すかどうかの方向性を1年以内に決めるようJRや道に求めることがわかりました。 事実...

シカやサケが海外客をご案内 乗車口、アルファベットと絵で表示 東室蘭駅
2017年11月16日 北海道新聞

 JR北海道は、東室蘭駅の案内を一新し、増加する外国人客への対応を強化した。ホームにある乗車口案内の表記を数字からアルファベットに変え、クマやシカ、メロンなど、それぞれの文字で始まる北海道の動物や果物...

<「維持困難路線」公表1年>6 沿線に赴き 今後も協力 JR北海道労組書記長・笹森哲也氏(56)
2017年11月16日 北海道新聞

 JR北海道の経営難の要因は、6822億円の経営安定基金の運用益で営業赤字を埋めるという国鉄改革時のスキームが崩れていることに尽きる。年7・3%という想定通りの利回りを達成したのは最初の2年間だけで、...

新千歳 国際貨物常時受け入れ
2017年11月16日 NHK

新千歳空港で貨物を扱う「札幌国際エアカーゴターミナル」は、貨物機専用の大型リフトを導入して今月から国際貨物を常時、受け入れることができるようになりました。 道などが目指す道産品の輸出拡大につながるか、...

苫小牧航路に新造船 19年1月就航 個室3倍の180室 太平洋フェリー
2017年11月16日 北海道新聞

 【苫小牧】太平洋フェリー(名古屋)は2019年1月、苫小牧―仙台(宮城)―名古屋航路に新造船を就航させる。同社の新造船は11年以来、8年ぶり。個室を現行船の3倍以上とするほか、同社初のシングルルーム...

タクシーで宗谷を巡ろう 外国人客向けに広域観光ルート 貸し切りツアー試験販売
2017年11月16日 北海道新聞

 道と道観光振興機構は、駅や空港から離れた地域にも外国人観光客に足を運んでもらおうと、宗谷管内を貸し切りタクシーで巡るツアーを今秋から試験販売している。稚内市内や猿払村、豊富町などを巡る半日から1泊2...

花咲線、HPで魅力発信 市観光協会「多彩な景色 体験して」
2017年11月16日 北海道新聞

 【根室】市観光協会はホームページ(HP)にJR花咲線をPRするページを新設した。沿線のおすすめ撮影スポットや、廃駅となった旧花咲駅なども紹介し、花咲線の魅力を発信している。  花咲線はJR根室線の根...

団体旅行減が痛手 道の駅も急増、競争激化 オホーツク観光がドライブイン閉鎖へ
2017年11月16日 北海道新聞

 今月末で道内のドライブインなど全6店を閉鎖するオホーツク観光(北見)は、オホーツク管内で北見市の本店を含め3店運営していた。ドライブイン経営が行き詰まったのは団体旅行離れの観光業態の変化に加え、道の...

美深で自動運転開発加速 スバル 新テストコース竣工
2017年11月16日 北海道新聞

 【美深】SUBARU(スバル、東京)は15日、自動運転技術の開発に向け、上川管内美深町仁宇布(にうぷ)の「スバル研究実験センター美深試験場」に新設したテストコースの竣工(しゅんこう)式を試験場内で行...

回路不具合 16本運休 JR学園都市線
2017年11月16日 北海道新聞

 15日午後5時ごろ、JR学園都市線札幌―桑園間で、レールに微弱電流を流して列車の位置を確認する軌道回路に不具合が起き、同区間に列車が進入できなくなった。普通列車計16本が運休、または部分運休したほか...

JR再生会議議長に道の取り組み説明へ 知事17日にも
2017年11月16日 北海道新聞

 高橋はるみ知事が、JR北海道に安全対策を助言する第三者委員会「JR北海道再生推進会議」議長の宮原耕治・日本郵船相談役と、17日にも東京都内で会談することが分かった。同会議は路線見直し問題で、JRと沿...

「上から目線」で市町村に言えぬ JR路線見直し問題で知事
2017年11月16日 北海道新聞

 高橋はるみ知事は15日の記者会見で、JR北海道の路線見直し問題に対する道の関与について「道のリーダーシップは重要で、広域自治体という役割はあるが、市町村とは対等。(路線の存廃について)上から目線で、...

宗谷・石北・富良野線 利用者にアンケート JR北海道
2017年11月16日 北海道新聞

 JR北海道が「単独では維持困難」とする10路線13区間のうち宗谷線、石北線、富良野線の沿線自治体が15日、JRの利用者を対象にしたアンケートを旭川市や稚内市など17市町村28駅と、一部の特急車内で実...

10月道内宿泊客 0・6%減の57万人 新幹線効果が一服
2017年11月16日 北海道新聞

 日本旅館協会北海道支部連合会がまとめた10月の道内宿泊実績は、前年同月比0・6%減の57万3102人と、2カ月連続で前年同月を下回った。外国人客は4・4%増だったものの、北海道新幹線の開業効果が...

<変わるマチの輪郭 第1部・住人十色>(3)多様化する職住 距離、時間 気にならず
2017年11月16日 北海道新聞

 札幌市に隣接する当別町では今、通勤する農業者が当たり前になりつつある。  爽やかな秋晴れが広がった11月初旬の朝、札幌市北区拓北の2階建て民間アパート前。御厩(みうま)祐樹さん(42)は、黒のジャー...

花咲線考える講演会活発化
2017年11月16日 釧路新聞

 JR北海道が単独の維持は困難としている花咲線などについて根室、釧路の会議所、商工会でつくる「根釧圏発展推進機構」は、釧路市で地域住民を巻き込んだ講演会を開く。根室市議会会派「創新」はJR問題など...

維持困難公表1年/上(その1) JRと自治体、溝深く /北海道
2017年11月16日 毎日新聞

 JR北海道が「自社単独で維持困難」な13線区(区間)を公表して、18日で1年になる。沿線自治体との協議や意見交換は徐々に進んでいるが、石勝線夕張支線以外はバス転換や地元負担などに踏み込んだ具体的な...

維持困難公表1年/上(その2止) 地域衰退に懸念も 各地で利用者アンケ /北海道
2017年11月16日 毎日新聞

存続望む住民 「関心薄い」との指摘の声  釧路市などは13日、釧網線と根室線釧路-根室間(花咲線)の必要性を確認するために実施した利用者300人のアンケート結果を取りまとめた。市によると「通院に欠かせ...

車内閉じ込め想定、速やかに乗客救出 函館市初JR車両を使用した避難訓練
2017年11月15日 函館新聞

 東日本大震災を受けて制定された「津波防災の日」(11月5日)を受け、道警は15日、JR函館駅構内で地震・津波避難訓練を実施した。函館西署管内の訓練では初となる実際のJR車両を使用し、車内に...

新交通網の指針“年内に原案を”
2017年11月15日 NHK

高橋知事は15日の道議会の特別委員会で、将来の北海道を見据えたJR北海道の鉄道網を含む新たな交通ネットワークの指針について、年内に原案を取りまとめる考えを示しました。 これは15日に開かれた道議会の特...

JR宗谷線の利用者の実情を調査
2017年11月15日 hbcnews

JR北海道が単独では維持が困難とする10路線13区間のうち、宗谷線の沿線自治体が利用者を対象にアンケート調査を行っています。 調査は6月と8月につづいて3回目で旭川から稚内までの宗谷線沿線にある12の...

<変わるマチの輪郭>札幌圏 時代映す人の流れ 通勤・通学「道都から越境」増加
2017年11月15日 北海道新聞

 札幌圏の人の流れが大きく変わりつつある。かつては周辺のまちから札幌へ通勤・通学するのが一般的だったが、周辺自治体へ通う札幌市民が増えている。札幌と各自治体間の人の動きも時代によって、様変わりした。背...

BRT、初期投資約105億円
2017年11月15日 日高報知新聞

 日高の公共交通ネットワーク全体の在り方について調査・検討する「JR日高線(鵡川~様似間)沿線地域の公共交通に関する調査・検討協議会」(会長・酒井芳秀日高町村会長)の第4回会議が14日、新ひだか町公民...

北海道新幹線のトンネル工事進む 札幌延伸へ
2017年11月15日 HTBニュース

 北海道新幹線の札幌延伸へ向けたトンネル工事が、進んでいます。  北海道新幹線の新函館北斗駅と新八雲駅の間に建設中の渡島トンネルで15日、トンネル内の7つの工事区間のうち、厚沢部町峠下から5キロの区間...

<「維持困難路線」公表1年>5 速さより「文化的価値」 いすみ鉄道社長・鳥塚亮氏(57)
2017年11月15日 北海道新聞

 道内を走る鉄道路線の多くが建設当初の目的を終えているのではないか。炭鉱を結んでいた幌内線や歌志内線など支線の多くも廃線になった。今は高速バスやマイカーなど競争相手も多く、根室線や釧網線といった路線も...

「北海道空港」自治体出資解消へ
2017年11月15日 NHK

新千歳空港のビルを運営してきた「北海道空港」は、2020年に民営化される道内7空港の運営権の取得に向けて、自治体からの出資を解消する方針です。 自治体への返還額はおよそ60億円となる見通しで、運営権取...

ササラ電車、25年ぶりに化粧直しして試運転【函館】
2017年11月15日 函館新聞

函館市企業局交通部は14日、除雪用車両「ササラ電車」2両を試運転した。黄色と茶色のしま模様でおなじみの車両は、今年同じ色で25年ぶりに新しい塗装をまとい、本格的な降雪シーズンでの出動機会に備えた。  ...

本物そっくり!駅名標 北見駅の売店、ミニチュア販売
2017年11月15日 北海道新聞

 北海道キヨスク(札幌)が運営するJR北見駅構内の売店「北海道四季彩館北見店」は北見、網走、遠軽の3駅のミニチュア駅名標を製作し、今月から販売を始めた。JR北海道が単独維持困難とする石北線の存続に向け...

シカと犬の声で列車衝突防止 新手法効果、目撃45%減
2017年11月15日 北海道新聞

 鉄道総合技術研究所(東京)は14日、走行中の列車からシカと犬の鳴き声を使った「忌避音」を響かせ、線路に侵入したシカを追い払って衝突事故を防ぐ手法を開発したと発表した。道内の実験ではシカの目撃件数が約...

日高線沿線自治体の会合
2017年11月15日 NHK

JR日高線のうち高波などの災害でおととしから運休している鵡川・様似間の代替え交通を考える沿線自治体の会合が14日、新ひだか町で開かれ、BRT=バス高速輸送システムを採用した場合、初期費用がおよそ100...

日高線代替報告書 沿線町長ら議論
2017年11月15日 北海道新聞

 【新ひだか】不通の続くJR日高線鵡川―様似間(116キロ)の在り方を考える「JR日高線沿線地域の公共交通に関する調査・検討協議会」の会合が14日、日高管内新ひだか町の町公民館で開かれた。コンサルタン...

コンクリ片落下 JRに報告要請 道内50自治体など
2017年11月15日 北海道新聞

 鉄道の高架下などを走る道路を管理する道内約50自治体や開発局でつくる「北海道道路鉄道連絡会」は14日、JR北海道に対し、コンクリート片が道路に落下した場合、速やかに道路管理者に報告するよう申し入れた...

<変わるマチの輪郭 第1部・住人十色>(2)揺れる境界 行政の枠越え住民連携
2017年11月15日 北海道新聞

 江別市文京台の丘の上からは、間近に札幌市厚別区の街並みが見える。「マチの境界線は行政が勝手に引いたもの。隣接する地域が一緒に元気になることが『江厚別町(えあつべつちょう)』の目標です」。文京台に住む...

BRT整備に100億円超 JR日高線沿線地域の公共交通に関する調査・検討協
2017年11月15日 苫小牧民報

 高波被害で2015年1月からJR日高線鵡川―様似間(116キロ)の不通が続く中、沿線自治体が日高地方の公共交通の在り方を考える「JR日高線(鵡川~様似間)沿線地域の公共交通に関する調査・検討協議会」...

きょう3回目のJR利用調査
2017年11月15日 稚内プレス

 宗谷本線活性化推進協議会は15日、稚内~旭川間の駅で3回目のJR利用実態調査を実施した。  利用促進に有効な対策の検討資料にするべく稚内市と稚内商工会議所の職員が稚内と南稚内駅で始発~最終まで...

日高線の代替交通コスト、BRTは105億円 
2017年11月15日 日本経済新聞

 JR北海道が「単独では維持困難」としている日高線の鵡川―様似間を巡り、沿線7町などでつくる調査・検討協議会は14日、代替交通を導入した場合にかかるコストなどを試算した外部の調査結果を示した。バス車両...

新幹線で"無差別殺傷テロ"想定訓練 北海道北斗市
2017年11月14日 UHB

 北海道警察などは11月14日、無差別殺傷テロを想定した訓練を、北海道新幹線の新函館北斗駅で行いました。  訓練には、北海道警察や、JR北海道が参加しました。新函館北斗駅で、通行人を刃物で切り付けた男...

JR日高線で検討 代替交通の初期投資は?
2017年11月14日 hbcnews

専用道路を走るバスに、線路と道路の両方を走るデュアルモードビークル…JR日高線の不通が続く区間で、列車に替わる交通機関の初期投資が明らかになりました。 おととしの高波で被災した日高線の鵡川と様似の間は...

鉄道に代わる公共交通機関の費用報告 JR日高線
2017年11月14日 HTBニュース

 JR日高線に鉄道に代わる公共交通機関を導入した場合の調査結果が報告されました。  JR日高線の鵡川・様似間の今後について協議する、沿線自治体による4回目の会合が開かれ、鉄道に代わる公共交通を導入した...

列車にはねられ死亡 標茶
2017年11月14日 北海道新聞

 【標茶】14日午前9時50分ごろ、釧路管内標茶町多和、JR釧網線標茶―磯分内駅間の線路上で、人が釧路発網走行き快速しれとこ(1両編成)にはねられ、死亡した。乗客乗員13人にけがはなかった。弟子...

函館で「ササラ電車」の試運転
2017年11月14日 NHK

本格的な冬の訪れを前に函館市で、路面電車の線路に積もった雪を竹のブラシで取り除く「ササラ電車」の試運転が行われました。 「ササラ電車」は車両の前後に取り付けた「ササラ」と呼ばれる竹を細かく割って束ね...

のぼりべつクマ牧場の新ロープが強度アップ【登別】
2017年11月14日 室蘭民報

 ロープウエーのロープ交換を行っているのぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、原真支配人)で11日、スイスのエンジニアが現地入りし、新しいロープの強度を高める作業が行われた。  2010年(平成22年)...

<「維持困難路線」公表1年>4 見直し議論 道の主導で 神戸大学大学院教授・正司健一氏(62)
2017年11月14日 北海道新聞

しょうじ・けんいち 神戸市出身。神戸大大学院経営学研究科博士課程前期課程修了後、1999年より同研究科教授。専攻は交通政策。日本交通学会前会長、四国における鉄道ネットワークのあり方に関する懇談会で座...

JR根室線「収支改善困難」 滝川―新得 沿線首長ら確認
2017年11月14日 北海道新聞

 【富良野】JR北海道が「単独では維持困難」とするJR根室線滝川―新得間の沿線自治体の首長と議会議長でつくる「根室本線対策協議会」(会長・能登芳昭富良野市長)は13日、富良野市役所で会合を開いた...

鉄道施設の落下物42件 道報告 過去5年、今年急増
2017年11月14日 北海道新聞

 道は13日の道議会決算特別委員会で、過去5年間に道内でJR北海道の鉄道施設からの落下物事案が計42件発生していたと報告した。老朽化した高架橋などからコンクリート片やモルタル片が落ちる例が相次いでお...

苫小牧・緑跨線橋通行止めへ 迂回路、渋滞に懸念 バスやタクシー所要時間増も
2017年11月14日 北海道新聞

 【苫小牧】苫小牧市中心部にある国道276号の緑跨線橋(こせんきょう)(音羽町2―新中野町3)が架け替え工事のため12月4日から約2年間全面通行止めとなる。JR室蘭線をまたいで南北市街地を結ぶ幹...

日高線代替、BRTなら100億円 コンサル報告 バス転換は3億円
2017年11月14日 北海道新聞

 不通の続くJR日高線鵡川―様似間(116キロ)の在り方を考えるJR日高線沿線地域の公共交通に関する調査・検討協議会が、コンサルタント会社に依頼していた報告書がまとまり、初期投資の想定は鉄道路盤...

<変わるマチの輪郭 第1部・住人十色>(1)隣接地の明暗 工場へ送迎24時間態勢
2017年11月14日 北海道新聞

 コープフーズ石狩工場(石狩市新港西2)に、パート従業員を乗せた送迎バスが続々と到着した。11月上旬、冷え込んだ朝の空気の中、酒井真実さん(48)はバスを降りた。自宅のある北区新琴似から通勤時間は2...

札沼線現状維持 4町長「厳しい」  会議で認識一致
2017年11月14日 日本経済新聞

 JR北海道が昨年11月に公表した「単独では維持困難」に含まれる札沼線の北海道医療大学―新十津川間の沿線4町長は13日に会議を開き、利用が伸び悩んでいることから「現状維持は厳しい」との共通認識を示した...

札沼線、バス転換検討へ
2017年11月14日 読売新聞

 JR北海道が廃止の方針を示した札沼線北海道医療大学―新十津川間の沿線4町長が13日、新十津川町で会合し、「札沼線の現状維持は極めて厳しい」との認識で一致した。今後、路線存続の方針を維持しつつ、バスへ...

JR日高線の代替交通手段 “バス専用道路”は106億円
2017年11月14日 STV

不通となっているJR日高線のあり方を考える検討協議会で、代替交通手段にした場合の報告書が発表されました。初期投資がもっとも高いものでは、およそ106億円かかることがわかりました。 協議会では、沿線地域...

☆「札沼線」現状維持は困難
2017年11月14日 プレス空知

 【新十津川】JR北海道が廃止方針を示している札沼線北海道医療大学―新十津川間の沿線4町長は13日、新十津川町役場で5回目の意見交換会を行った。4町長は「路線維持の可能性について検討していく」としなが...

花咲線維持へ共同歩調
2017年11月14日 釧路新聞

 釧路市議会の保守系2会派と根室市議会最大会派の「創新」が13日、根室市役所でJR花咲線の維持存続について意見交換を行った。今後、それぞれの会派が両議会内で認識の共有化を働き掛けながら、議会として...

2017/11/14 北海道知事定例記者会見記録
2017年11月14日 北海道知事定例記者会見記録

(読売新聞)  JR北海道ですけれども、昨年11月にJR北海道が単独で維持困難な線区を公表してから今月の18日で1年を迎えます。今日も道議会でいろいろ質問が出ていましたけれども、1年を振り返ってみて...

札沼線沿線4町長、バス転換も検討へ 存続方針は堅持 /北海道
2017年11月14日 毎日新聞

 JR北海道がバス転換を提案している札沼線・北海道医療大学-新十津川間(47・6キロ)の沿線4町長意見交換会が13日、新十津川町であり、各町がバス転換も含め地域交通のあり方を検討する段階に入ることを決...

JR学園都市線 代替交通検討へ
2017年11月13日 NHK

JR北海道が路線を廃止してバスに転換したいとしている学園都市線の一部区間について、沿線の4つの町の町長は「現状のままでは路線の維持は難しい」として、バスを含めた代替交通を具体的に検討する方針を決めまし...

JR千歳線立体交差化を見送り 快速増便にめど
2017年11月13日 hbcnews

JR北海道は新千歳空港と札幌を結ぶ快速エアポートを2020年をめどに1時間4往復から5往復に増便する方針で、すでに4編成分24両をメーカーに発注しています。増便には札幌市白石区の貨物ターミナル付近で線...

札沼線 沿線の4町長、現状維持「困難」で一致
2017年11月13日 北海道新聞

 【新十津川】JR北海道が昨年、廃止・バス転換を提案した札沼線(学園都市線)北海道医療大学―新十津川間の沿線4町長が13日、空知管内新十津川町で会合を開き、同線の利用拡大の見通しが立たないことなどから...

「路線維持は厳しい」JR札沼線維持で沿線4町長
2017年11月13日 HTBニュース

 JRが単独では維持困難とする札沼線の一部区間について、沿線の4町長による意見交換会が行われ「路線の維持は厳しい」という認識が初めて示されました。  JRが1年前に単独では維持困難な路線を発表して...

バス転換を含めて検討
2017年11月13日 STV

JRの路線見直しの方針を受け、札沼線沿線の4町長が今後バス転換も含めて検討をしていくことを決めました。 (新十津川町・熊田義信町長)「JR札沼線がいいのか、違った形がいいのか、町の実態を踏まえながら検...

冬道の踏切事故防止呼びかけ
2017年11月13日 STV

本格的な冬を前に、冬の踏切での事故を未然に防ごうと、運輸局などが、踏切の周辺で注意を呼びかけました。 冬の踏切事故防止キャンペーンは、国土交通省の北海道運輸局など10の団体が実施しています。北海道運輸...

JR石北線車内販売限定復活へ 沿線の発想もっと生かして 北見報道部 和賀豊
2017年11月12日 北海道新聞

道主催の観光列車モニターツアーで好評だったMOTレール倶楽部による車内販売=4日  JR北海道が単独では維持困難とする石北線(新旭川―網走)で来年、特急列車の車内販売が期間限定で復活する。JRは経費...

強風で特急が7時間遅れ
2017年11月12日 NHK

11日の強風の影響でJR北海道では、札幌と釧路などの区間で一時、運転を見合わせたため、特急列車7本に大幅な遅れがでました。 このうち最も遅れがでた札幌発釧路行きの特急列車は予定より7時間あまり遅れ12...

ススキノ地下鉄駅に"刃物男" 警察官取り押さえるも"暴れて"抵抗 札幌市
2017年11月12日 UHB

 11月11日夜、札幌市地下鉄南北線の車内に、刃物を持った男が出没し、すすきの駅で現行犯逮捕されました。  銃刀法違反の現行犯で逮捕されたのは、20代から30代とみられる男です。  11日午後10時前...

非常ボタン作動、列車運休 小樽
2017年11月12日 北海道新聞

 【小樽】11日午後7時ごろ、小樽市朝里1のJR函館線朝里駅構内の非常ボタンが作動した。近くを走っていた小樽発新千歳空港行きの快速エアポートが同駅の踏切の手前で停車。乗務員が踏切内の安全を確認して、約...

★留萌駅2代目駅舎50周年 記念イベント開始
2017年11月12日 日刊留萌

 JR留萌駅の2代目駅舎50周年記念イベントが、10日から同駅待合室で始まった。駅舎50年のあゆみ展や小学生の絵画展、記念スタンプが設置され、駅を訪れた市民らが興味深く眺めている。  留萌本線は明治4...

自然、鉄道生かしたまちづくりへ/弟子屈
2017年11月12日 釧路新聞

 弟子屈町のてしかがえこまち推進協議会(会長・徳永哲雄町長)の2017年度てしかが観光塾が10日、川湯ふるさと館で開幕し、町民と道内外からの約80人が観光やまちづくりへの理解を深めた。初日は徳永町...

<「維持困難路線」公表1年>3 「地域と汗」第一の役割 道副知事・山谷吉宏氏(63)
2017年11月11日 北海道新聞

やまや・よしひろ 室蘭市出身。早大政経学部卒。1980年に道庁に入り、サミット推進局長や環境生活部長、経済部長などを歴任。2013年4月に副知事に就任し、今年4月からJR問題や空港民営化などの交通政策...

青函高速船「ナッチャン」で道内6港周遊 来年8月 紋別市など企画
2017年11月11日 北海道新聞

 【紋別】紋別市と市の第三セクター紋別観光振興公社は、青函航路で使われていた高速船「ナッチャンWorld」(1万712トン)をチャーターして函館や釧路など道内6港を回る周遊ツアーを来年8月に行う。紋別...

丘珠―静岡線、FDA継続へ 利用好調で
2017年11月11日 北海道新聞

 航空会社フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が3~10月に運航した丘珠―静岡線の定期便利用者は2万6405人で、昨年の新千歳―静岡線と丘珠―静岡線を合計した利用者数より10%増えた。同社は来年...

滝川と砂川の観光、魅力発掘へツアー 推進協、プラン提案へ
2017年11月11日 北海道新聞

 滝川、砂川の新たな観光資源を掘り起こそうと、両市の観光関係者らでつくる「滝川砂川着地型観光推進協議会」は18日と25、26の両日、初のモニターツアーを行う。参加者の声を基に旅行商品をつくり、新年度の...

北海道)バス停に「無人図書館」登場 江差
2017年11月11日 朝日新聞

 江差町柳崎町のバスの停留所に、誰でも自由に本が借りられる「無人図書館」が開設された。朝日新聞販売所(ASA)江差所長の松崎浩さん(64)が「スマホばかり見ている若者たちが少しでも活字に触れるきっかけ...

新千歳国際線ビル拡張工事で安全祈願祭
2017年11月10日 苫小牧民報

 新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)は9日、国際線ターミナルビル拡張工事の安全祈願祭を同ビル南側の増設予定地で行った。東京五輪が開かれる2020年に完成予定。施工業者や来賓約100人が訪れ工事...

新千歳空港のANAカウンター刷新 自動手荷物預け機導入
2017年11月10日 苫小牧民報

 全日本空輸(ANA)は8日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階の出発カウンターを刷新した。旅客が素早く手軽に搭乗手続きを済ませられるよう自動手荷物預け機「ANAバゲージドロップ」を10台導入し、運用...

北海道観光バス、青函フェリー線運行開始【函館】
2017年11月10日 函館新聞

 東京バスグループの北海道観光バス(函館市上湯川町)は9日、青函フェリーターミナル(浅野町)発着の路線バス「青函フェリー線」の運行を開始した。1日7往復14便で、うち7便(到着4便、出発3便)がフェリ...

新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 北海道建設新聞

 新千歳空港ターミナルビルディング(本社・千歳、阿部直志社長)は9日、9月に総合評価型一般競争入札した新千歳空港国際線ターミナルビル拡張の結果を公表した。海外富裕層向けホテルを含むA工区は大林組・戸田...

北海道の公共交通どうする?
2017年11月10日 NHK

道は、将来の公共交通のあり方を検討する会合で、国内外をつなぐ航空ネットワークの形成や、持続可能な鉄道ネットワークの確立などを盛り込んだ指針の案を示しました。 道は、人口減少やJR北海道の赤字路線問題な...

三井の故障フェリー 来年1月末まで欠航
2017年11月10日 北海道新聞

 【苫小牧】商船三井フェリー(東京)は9日、苫小牧―大洗(茨城県)航路で故障欠航中の「さんふらわあ さっぽろ」について、来年1月31日まで欠航を続けると発表した。新たに船体後方のプロペラ軸に不具合が見...

新千歳国際線ビル拡張が着工 訪日客受け入れ強化
2017年11月10日 北海道新聞

 【千歳】新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)は9日、2020年完成予定の同空港国際線ターミナルビル拡張工事の安全祈願祭をビル南側の建設予定地で行った。  現在の国際線ビルは地下1階、地上4階建て...

ブレーキ不具合で特急オホーツク遅れる
2017年11月10日 北海道新聞

 9日午後4時45分ごろ、札幌市東区のJR苗穂運転所構内で、札幌発網走行き特急オホーツク3号として使用予定の車両(4両編成)に、弱いブレーキをかけるとブレーキが解ける不具合が見つかった。車両変更のため...

交通政策指針4本柱で展開 道が検討会議
2017年11月10日 北海道新聞

 道は9日、新しい交通政策の指針づくりに向けた検討会議を札幌市内で開き、論点整理を示した。北海道新幹線が札幌まで延伸する2030年を見据え、施策の展開方向として《1》国内外をつなぐ《2》移動の円滑化・...

データ改ざん、組織的関与の有無争点
2017年11月10日 読売新聞

 JR函館線大沼駅(七飯町)で2013年に起きた貨物列車脱線事故を巡るレール計測データの改ざん事件で、鉄道事業法違反(虚偽報告など)や運輸安全委員会設置法違反(虚偽報告)に問われたJR北海道(島田修社...

移動の円滑化など提示 道、交通政策の指針で検討会
2017年11月10日 日本経済新聞

 北海道は9日、交通政策の指針をつくるための総合交通政策検討会議(岸邦宏座長)を開いた。会議では2030年度までの道内交通網の最適な形成に向け、道民の「移動の円滑化」など指針の土台となる4つの柱を...

「コストの議論必要」 札幌で検討会議、有識者ら指摘 /北海道
2017年11月10日 毎日新聞

 JR北海道の路線見直し問題を念頭に、鉄道を含む道の新しい交通政策の指針を作る検討会議が9日、札幌市内で開かれた。有識者や業界団体からは、物流や人の移動を支える持続的な交通ネットワークをつくるには、コ...

北海道、交通政策の指針で検討会
2017年11月09日 日本経済新聞

 北海道は9日、交通政策の指針をつくるための総合交通政策検討会議(岸邦宏座長)を開いた。会議では2030年度までの道内交通網の最適な形成に向け、道民の「移動の円滑化」など指針の土台となる4つの柱を...

JR北データ改ざん裁判 1年ぶり再開
2017年11月09日 HTBニュース

 JRのデータ改ざん事件の裁判がおよそ1年ぶりに再開し、新たな証拠が示されました。  この裁判は4年前、七飯町のJR函館線で起きた貨物列車の脱線事故で、法人としてのJR北海道と幹部3人が現場の保線担当...

並行在来線の財政支援を要請
2017年11月09日 NHK

新幹線の開業に伴いJRから経営分離された並行在来線がある北海道など12の道と県で作る協議会は9日、政府・与党に対し、第3セクターなどが代わって運営している在来線を維持するための財政支援を要請しました。...

外国人応対へ心構え学ぶ 名寄、美深道北小型観光周遊ルート協
2017年11月09日 名寄新聞

 【名寄】台湾人観光客を中心としたインバウンド拡大を目指し、名寄・美深の観光周遊ルート構築などを目指す「名寄・美深道北小型観光周遊ルート協議会」の外国人おもてなし研修が8日に駅前交流プラザ「よろー...

JRレールデータ改ざん 1年ぶり公判
2017年11月09日 hbcnews

4年前に起きた脱線事故をめぐるJR北海道のレール数値改ざん事件で1年ぶりの公判が開かれました。 この裁判では2013年に函館線で起きた脱線事故のあと、JR北海道と、幹部3人が保線部門と共謀し、レールの...

「いさ鉄」支援求め道など中央要請
2017年11月09日 hbcnews

道南いさりび鉄道など、並行在来線を抱える全国の道や県が、路線維持のための財源確保を自民党などに求めました。北海道新幹線の開業で、JRの経営から切り離された道南いさりび鉄道では乗客の減少に加えて去年、制...

JR3幹部「入力ミス訂正と認識」 公判再開 レール改ざん把握否定
2017年11月09日 北海道新聞

 2013年のJR函館線貨物列車脱線事故をめぐるレール検査データ改ざん事件で、鉄道事業法違反(虚偽報告)などの罪に問われたJR北海道(島田修社長)と当時の本社幹部3人の第2回公判が9日、札幌簡裁(結城...

「改ざんは本社の指示」だったのか JR北海道 貨物列車脱線事故 裁判再開 札幌地裁
2017年11月09日 UHB

 2013年の貨物列車脱線事故で、国にうその報告をしたとして、JR北海道と当時の幹部社員3人が鉄道事業法違反などに問われている裁判が11月9日、1年ぶりに再開しました。  この裁判は、2013年、北海...

<「維持困難路線」公表1年>2 複数の移動手段保証を 関西大教授・宇都宮浄人氏(56)
2017年11月09日 北海道新聞

 国鉄時代は経営のすべてを東京で決めていたが、30年前の国鉄改革でJR7社に分割され、北海道の事情を知る人が判断するようになった。分割したこと自体は間違いではなかった。  ただ、国が積んだ6822億円...

JR東が本道にホテル初進出 札駅北口ビル入居を検討
2017年11月09日 北海道建設新聞

 JR東日本(東京都渋谷区代々木2丁目2の2、冨田哲郎社長)は7日、本道へのホテル初進出を計画していることを明らかにした。同社はJR札幌駅北口そばで建設中の13階建てビルへの入居を検討しており、北海道...

留萌駅舎15日で半世紀 10日からイベント パネル展や記念スタンプ
2017年11月09日 北海道新聞

 【留萌】JR留萌駅の現在の駅舎が建設されてから、15日で50周年を迎える。同駅では10日から、半世紀の歩みを振り返るなどの記念イベントを行う。  同駅は2代目で1967年11月15日に落成した。鉄筋...

室蘭線「新幹線効果あり」 長万部―東室蘭、室蘭―苫小牧 昨年度は増収
2017年11月09日 北海道新聞

 JR北海道が7日発表した2016年度の道内全28線区の収支状況で、室蘭線の2区間(長万部―東室蘭間、室蘭―苫小牧間)の営業収益(収入)は前年度からそれぞれ3・3%、1・5%増加した。両区間の損益は他...

旅のスパイス
2017年11月09日 北海道新聞

先日、札幌と小樽をJRで往復した。小樽に近づくに従い次第に自然が豊かになる。特に銭函駅と朝里駅の間は、左右に色鮮やかな紅葉と青い海が間近に迫り、それは見事な景色だった▼各駅停車ならではの醍醐味(だいご...

JRの経営状況 高橋知事「厳しさ再確認」
2017年11月09日 北海道新聞

 JR北海道が7日発表した2018年3月期の業績予想で、グループ22社を含む連結決算が140億円の経常赤字となる見通しとなったことについて、高橋はるみ知事は8日の会見で、「厳しい経営状況を再確認したと...

また高架橋から落下物 JR千歳線 信号待ちの車にさび片
2017年11月09日 北海道新聞

 8日午前10時10分ごろ、札幌市厚別区厚別中央3の5のJR千歳線平和―新札幌間の高架下にある国道交差点で、高架橋からさび片が落ちて車に当たったと、信号で停車中だった運転手からJR北海道に連絡があった...

高倉健さんしのび記帳台 「駅」ロケの増毛 11月10日命日
2017年11月09日 北海道新聞

 【増毛】2014年11月10日に亡くなった俳優高倉健さんの命日に合わせ、主演映画「駅 STATION」(1981年)のロケで使われた留萌管内増毛町の駅前観光案内所に記帳台が設けられ、道内外から多く...

北海道)新千歳空港に自動手荷物預け機 全日空
2017年11月09日 朝日新聞

 全日空が8日、新千歳空港の国内線チェックインカウンターに「自動手荷物預け機」を導入した。全国で羽田空港に続いて2例目といい、年々増加する利用客の待ち時間短縮が見込まれる。  同社によると、従来はX線...

JR全線区、3年連続の赤字
2017年11月09日 読売新聞

 JR北海道が7日の中間決算に合わせて公表した2016年度の道内28線区の収支は、3年連続ですべての線区で営業赤字となり、赤字の総額は前年度から約114億円増えて525億7600万円に上った。同社に自...

時の話題 「引っ込みたいが」
2017年11月09日 稚内プレス

 年を取ったら田園風景に囲まれた土地にでも引っ越し余生を送るもいいなと思いながら歩いていると、市立病院のバス停前にワンボックスカーが停まり車中から4、5人が降りてきた。市立病院で受診する郊外の人たちな...

JR東日本、札幌にホテル開業検討 自社路線のない地域で初
2017年11月08日 北海道新聞

 JR東日本の冨田哲郎社長は7日の定例記者会見で、JR札幌駅近くでホテルの新規開業を検討していることを明らかにした。JR東日本が自社の鉄道路線がない地域にホテルを開業するのは初めて。冨田社長は「札幌は...

JR北、経常益30%減 4~9月、鉄道事業一層厳しく
2017年11月08日 日本経済新聞

 JR北海道が7日発表した2017年4~9月期の連結決算は、経常利益が前年同期比30%減の14億円だった。北海道新幹線の開業効果が一服し鉄道収入は減少。ホテル業や不動産業など関連事業は好調で経営安...

これが"自動"手荷物預け機 混雑解消なるか? 実力チェック 新千歳空港
2017年11月08日 UHB

 年末年始の帰省シーズンを前に北海道新千歳空港の混雑を思うと、今からうんざり。そんなあなたに耳よりなニュースです。  混雑解消の"切り札"として、11月8日に導入された最新マシン。...

観光列車の可能性探るツアー
2017年11月08日 NHK

JR北海道の路線見直しが議論される中、見直し対象の路線を走る観光列車の可能性を探ろうと道が企画したモニターツアーが今月5日まで行われました。 道が企画した観光列車のモニターツアーは、先月28日から今月...

税金無駄遣い 過疎地バスで利用者「水増し」
2017年11月08日 毎日新聞

 会計検査院は8日、税金の無駄遣いや不適切経理などが計423件・874億円に上ったとする2016年度決算の検査報告を安倍晋三首相に提出した。  過疎地の赤字路線バスの運行を支える国の補助を14、15年...

JR問題 道が主体的に関与へ
2017年11月08日 NHK

道は8日の道議会の特別委員会でJR北海道の赤字路線の見直しをめぐり、路線を維持するために必要な費用のデータといった地域が必要とする情報を提供するなど課題解決に向けて主体的に関与していく考えを示しました...

知事「JR支援の取り組み加速」
2017年11月08日 NHK

高橋知事は記者会見で、JR北海道の今年度のグループ全体の最終的な損益が100億を超える赤字となる見通しになったことについて、厳しい経営状況だという認識を示したうえで国への支援要請など道としての取り組み...

<鳥の目 虫の目>渡辺一史 JR発足30年を読み解く
2017年11月08日 北海道新聞

■JR北海道の危機 日本からローカル線が消える日 佐藤信之著 (イースト新書 980円)  今年は、JRが1987年に発足して以来30年という節目であることから、多くの関連書籍の刊行が目についた。  ...

新千歳空港に自動手荷物預け機
2017年11月08日 NHK

空港で手荷物を預ける際の待ち時間を減らそうと、新千歳空港でチェックインカウンターに並ぶことなく乗客が手荷物を自分で預けることができる機械が導入され、8日からサービスが始まりました。 新たなサービスが始...

混雑解消に期待 手荷物無人預け入れ機導入で
2017年11月08日 HTBニュース

 搭乗までの混雑解消に期待が高まります。新千歳空港の全日空のカウンターが、大幅にリニューアルしました。  記者:「預ける手荷物といえば、有人カウンターに預けるのが一般的でしたが、今日からはこの機械に入...

JR花咲線でケーブル断線
2017年11月08日 北海道新聞

 【厚岸】7日午前8時45分ごろ、JR花咲線東釧路(釧路市)―厚岸(釧路管内厚岸町)間で運行管理システムが異常を検知し、JR北海道が点検を行ったところ、尾幌踏切(厚岸町)内で通信ケーブルが断線している...

北海道新幹線は赤字54億600万円【函館】
2017年11月08日 函館新聞

JR北海道は7日、2016年度の線区別収支状況を発表した。北海道新幹線(新函館北斗~新青森間)は54億600万円の赤字となり、同社が15年12月に公表した16~18年度平均の単年度収支想定より赤字額が...

<「維持困難路線」公表1年>1 存続へ できる協力する 名寄市長・加藤剛士氏(46)
2017年11月08日 北海道新聞

 JR北海道が昨年11月に「単独では維持困難」な10路線13区間を発表してから間もなく1年。JRと沿線自治体との協議は思うように進まず、路線見直しに向けた道筋はいまだ見えない。これを打開するにはどんな...

開業1年半 道新幹線の利用どう伸ばす
2017年11月08日 北海道新聞

■空路と連携し周遊促進 北大公共政策大学院特任教授・石井吉春さん  北海道新幹線は北陸など他の新幹線の開業時と比べると、利用実績で見劣りする面はありますが、初年度はまず健闘したといえるでしょう。新幹線...

JR北海道の赤字、最大の425億円に
2017年11月08日 朝日新聞

 JR北海道は7日、2017年度の中間決算を発表した。本業のもうけを示す営業損益の通期見通しが、過去最大の425億円の赤字になると発表した。今春の予想から赤字幅が10億円増える見込み。純損益の赤字は1...

JR北海道 中間決算146億円赤字 2000年以降最大
2017年11月08日 毎日新聞

 JR北海道が7日発表した今年度9月期の中間決算によると、修繕費といった安全投資が重荷となり、グループ企業を含めた連結で146億円の営業赤字を計上。中間決算の公表を始めた2000年以降、最大の赤字と...

JR北海道 3年連続、全線区で営業赤字 新幹線54億円
2017年11月08日 毎日新聞

 JR北海道は7日、2016年度の線区(区間)別収支状況を発表した。同年3月に開業した北海道新幹線を含め営業黒字の線区はなく、路線全体の営業赤字は前年比114億円増の約526億円に上った。このうち「...

新幹線 初年度54億円赤字
2017年11月08日 NHK

JR北海道は、去年、開業した北海道新幹線の平成28年度の収支を初めて発表し、開業前の見込んでいた水準とほぼ同じの54億円の赤字となりました。 JR北海道が発表した平成28年度の北海道新幹線、新青森・新...

JR北海道、全線区3年連続赤字 16年度収支 台風被害響く
2017年11月08日 北海道新聞

 JR北海道は7日、2016年度の道内全28線区の線区別の収支状況を発表した。14、15年度に続き、全線区が赤字となった。開業初年度の北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)も54億円の赤字で新たな経営...

宗谷線特急の車輪に傷 旭川
2017年11月08日 北海道新聞

 【旭川】7日正午ごろ、旭川市永山1のJR旭川運転所構内で、点検中の特急列車(4両編成)の車輪に基準値を超える傷が1カ所見つかった。修理のため、同日午後の旭川発稚内行きの特急サロベツ1号と稚内発旭川行...

JR北海道、グループでも窮状 鉄道事業の赤字重く 9月中間決算
2017年11月08日 北海道新聞

 JR北海道が7日発表した2017年9月中間決算は、グループ22社を合わせた連結ベースで経常黒字を確保したものの、18年3月期は連結でも2期連続の100億円超えの経常赤字が避けられない見通しだ。同社...

JRへの支援など道に16項目要望 道商連
2017年11月08日 北海道新聞

 北海道商工会議所連合会(道商連)は7日、道内各地の商工会議所の会頭らと、高橋はるみ知事ら道幹部との懇談会を札幌市内で開いた。道内空港の活性化やJR北海道への支援、外国人観光客受け入れの態勢整備など、...

北海道新幹線、16年度の赤字54億円 施設維持費膨らむ
2017年11月08日 北海道新聞

 JR北海道は7日、北海道新幹線(新青森―新函館北斗間、148・8キロ)の実質的な開業初年度となる2016年度の線区別収支が54億600万円の赤字だったと発表した。青函トンネルなど在来線との共用走行区...

空港の大雪対策 全交通網で情報共有を
2017年11月08日 北海道新聞

 冬場の道内空港にとって雪害は避けられない。安全面から時に運航の乱れも起きるが、その影響は最小限に抑える必要がある。  昨年末、大雪の影響で新千歳空港で大量の欠航が生じ、3日間で延べ1万人以上が空港ビ...

JR北海道は営業赤字最大に
2017年11月08日 SankeiBiz

 売上高は前年同期比0.7%増の863億円。開業2年目を迎えた北海道新幹線の利用が落ち着き、鉄道運輸収入は減収となったが、ホテル業や札幌駅の商業施設が好調だった。最終利益は同約3.5倍の10億円。  ...

JR北、16年度に7割超の線区で営業赤字拡大
2017年11月08日 日本経済新聞

 JR北海道は7日、2016年度(17年3月期)の線区別収支状況を公表した。道内28線区(新幹線含む)のうち7割超にあたる21線区で営業赤字が拡大。全線区の赤字総額は15年度比27%増の525億円...

2017年11月08日 北海道知事定例記者会見記録
2017年11月08日 北海道知事定例記者会見記録

(北海道新聞) 昨日、JR北海道が中間決算を発表しました。JRタワーの収益を含めても、グループ全体で経営状態はかなり苦しいということを強調していました。  知事は以前、JR九州の例も挙げて、儲けら...

JRの赤字見通し 100億円超
2017年11月07日 NHK

JR北海道は北海道新幹線で売り上げが伸び悩んでいることなどから、今年度のグループ全体の最終的な損益は110億円の赤字と、2年連続で100億を超える大幅な赤字となる見通しを明らかにしました。 JR北海道...

JR北海道が路線別収支発表 全路線で赤字に
2017年11月07日 HTBニュース

 JR北海道が今年度の中間決算と昨年度の路線別の収支状況を発表しました。  昨年度は北海道新幹線を含めたすべての路線で赤字となりました。  JR北海道の今年4月から9月までの経常利益は21億円の赤字と...

線路に作業車、特急6本運休 1350人に影響 妹背牛
2017年11月07日 北海道新聞

 【妹背牛】7日午前5時25分ごろ、空知管内妹背牛町のJR函館線妹背牛―深川間で、「作業用車両が線路から出られなくなった」と、現場責任者からJR北海道の指令センター(札幌)に連絡があった。JRが車両を...

「JR北海道は国が支援を」JR東日本の松田元社長講演
2017年11月07日 北海道新聞

 道新東京懇話会が6日、東京都内で開かれ、JR東日本元社長の松田昌士氏(北見市出身)が講演した。松田氏はJR北海道の経営問題について「JR北海道の株主は国であり、今も国家機関。(経営改善には)国が経営...

函館線「軌陸車」トラブル 特急6本運休 JR北海道
2017年11月07日 UHB

 11月7日朝、北海道深川駅と滝川駅の間のJR北海道函館線で、JR北海道の作業車が線路から下りられなくなるトラブルがあり、特急6本が運休しました。  7日午前5時25分ごろ、JR函館線の深川駅と江部乙...

札幌はミステリーの街 十津川警部、浅見光彦、探偵も 道情報大が調査
2017年11月07日 北海道新聞

 札幌はミステリー小説に似合うまちなのか―。日本を代表する推理作家の西村京太郎氏や内田康夫氏をはじめ、映画「探偵はBARにいる」の原作者の東直己氏ら地元の作家たちが、道都・札幌の情景描写を演出に効果的...

JR千歳線高架橋からコンクリ片、信号待ちの車に落下
2017年11月07日 北海道新聞

 6日午後0時20分ごろ、札幌市厚別区厚別中央4の3のJR千歳線平和―新札幌間の高架下にある市道交差点で、高架橋からコンクリート片が落ちて車に当たったと、軽乗用車を運転していた同市厚別区の40代女性か...

JR北海道、国が支援を 道新東京懇 JR東・松田元社長が講演
2017年11月07日 北海道新聞

 道新東京懇話会が6日、東京都内で開かれ、JR東日本元社長の松田昌士氏(北見市出身)が講演した。松田氏はJR北海道の経営問題について「JR北海道の株主は国であり、今も国家機関。(経営改善には)国が経営...

外国人客もっと道内に JR北海道、社長自ら東京で売り込み
2017年11月07日 北海道新聞

 JR北海道は6日、東京都内で、外国人観光客の誘致に向けた施策や道内観光の魅力をPRする「インバウンド説明会」を開いた。島田修社長も壇上に立ち、来春、夏に向けた旅行商品を売り込んだ。  首都圏の旅行会...

道内13空港、大雪対策強化 道、昨年の混乱受け協議
2017年11月07日 北海道新聞

 昨年12月に大雪で欠航が相次ぎ新千歳空港が混乱した問題を受け、道は道内全13空港の大雪対策を強化する方針を固めた。新千歳の事例を教訓に、欠航情報の発信に力を入れるほか、空港間の連携も強める。急増する...

ススキノに新ホテル ベッセル、道内2カ所目 19年5月開業
2017年11月07日 北海道新聞

 ホテル業のベッセルホテル開発(広島県福山市)は札幌市中央区南5西6に2019年5月、「ベッセルホテルカンパーナすすきの(仮称)」を開業することを明らかにした。道内を訪れる観光客が増加傾向にあることか...

町有バス、奥尻空港停車1日1便に
2017年11月07日 読売新聞

 奥尻島で奥尻町が運行する路線バス「奥尻町有バス」が今月から、奥尻空港での停車が1日1便に減った。観光客の減少もあって、島内の公共交通機関は他にはタクシー会社1社が運行する4台のみと乏しくなっており、...

JR高架橋でコンクリート片落下
2017年11月06日 NHK

6日昼すぎ、札幌市厚別区のJR千歳線の高架橋からコンクリート片が落下し、信号待ちで停車していた乗用車のボンネットに傷がつきましたが、けが人はいませんでいた。 JR北海道は「ご迷惑をおかけした」と陳謝し...

あわや…JR高架から2.5キロのコンクリ片落下
2017年11月06日 HTBニュース

 6日正午すぎ、JR新札幌駅に近い高さ7.5メートルの高架の下側からコンクリート片が道路に落下しました。  落下したコンクリート片の一部が、高架下で信号待ちをしていた軽乗用車のボンネットに当たりまし...

あわや 高架橋から"2.5キロ" コンクリ片 信号待ち 車のボンネットに落下 JR北海道
2017年11月06日 UHB

 11月6日正午ごろ、札幌市厚別区でJR北海道の高架橋からコンクリート片が落下し、止まっていた車に当たりました。けがをした人はいませんでした。  これが、落下したコンクリート片です。長さ約30センチ...

室蘭市長がバスガイド…市外在住者にトップセールス【室蘭】
2017年11月06日 室蘭民報

 室蘭市の青山剛市長がガイドする日帰りバスツアーが4日行われ、青山市長自ら地球岬など市内の観光スポットを案内し、まちの魅力を発信した。  北海道中央バスグループの旅行代理店「シィービーツアーズ」(札幌...

エア・ドゥ 6日から34便運休
2017年11月06日 NHK

北海道を拠点とする航空会社、エア・ドゥは機長が退職したことで乗員のやり繰りがつかず、6日から今月25日まで新千歳と羽田や仙台を結ぶ34便が運休となります。 運休となるのはエア・ドゥが6日から今月25日...

7日からフレーム切手発売・郷愁の駅とSL題材
2017年11月06日 名寄新聞

 日本郵便北海道支社は、7日からオリジナルフレーム切手「郷愁の駅 SL」を発売。名寄市内の旧深名線・天塩弥生駅、SL排雪列車「キマロキ」などがデザインされており、名寄市内、下川町内、美深町内の郵便局で...

岩見沢で鉄道模型祭、愛好者の作品展示
2017年11月06日 朝日新聞

■巨大ジオラマへ「出発進行」  道内の風景を模した全長30メートルのジオラマの中を鉄道模型が走る――。愛好家らが工夫を凝らした「鉄道模型祭」が3日から岩見沢市の有明交流プラザなどで始まった。5日まで。...

地下通路に鮮やかアート/釧路駅
2017年11月06日 釧路新聞

 釧路駅横の地下通路の壁面をアート作品が飾る「釧路アンダーグラウンドアートミュージアム」が誕生した。5日に市民にお披露目され、記念イベントも行われた。  NPO法人和(なごみ)の自主事業で、障害者のア...

ニセコエクスプレス 思い出の1枚 ニセコ駅で写真展
2017年11月06日 北海道新聞

 【ニセコ】町は、4日で運行を終えたリゾート列車、ニセコエクスプレスの「思い出写真展」をJRニセコ駅で開いている。  羊蹄山を背景にした列車の写真や、プロ野球北海道日本ハムファイターズのラッピング車両...

一筆半歩 地域の課題の議論も=野原寛史 /北海道
2017年11月06日 毎日新聞

 「抽象的な答えが多い。当事者意識が薄いのではないか」。10月の衆院選で立候補者を対象に実施した毎日新聞の政策アンケートで、JR北海道の路線存廃問題について回答を読んだ吉見宏・北大大学院教授の言葉が、...

AIRDO きょうから34便運休
2017年11月06日 STV

航空会社エア・ドゥが、パイロットが退職した影響で、きょうから今月25日まで新千歳空港発着の2路線で34便が運休します。 エア・ドゥは、パイロットが8月と10月に1人ずつ退職した影響などで、きょうから今...

コンクリート落下 乗用車直撃
2017年11月06日 STV

札幌市厚別区で、きょう正午すぎJRの高架からコンクリート片が落下し信号待ちをしていた車に当たる事故がありました。けが人はいませんでした。 事故があったのは、札幌市厚別区厚別中央4条3丁目の市道です。正...

当事者意識の欠如した北海道や沿線自治体……混迷するJR北海道の路線存廃問題
2017年11月06日 ハーバービジネスオンライン

「まずは自助努力が必要だ」--。  JR北海道は昨年11月に保有する全路線の約半数に及ぶ『単独では維持することが困難な線区』を発表し、一部のバス転換や沿線自治体への運営コスト負担を求める協議を進めると...

道産子SL、栃木で人気 3カ月で2・5万人乗車
2017年11月05日 北海道新聞

 JR北海道から東武鉄道(東京)に貸し出されている蒸気機関車(SL)のC11形207号機が、SL「大樹(たいじゅ)」として栃木県日光市で奮闘している。8月の運行開始から3カ月間で約2万5千人が乗車し、...

陸海空で明暗 JR前年割れもフェリーと航空機は増【函館】
2017年11月05日 函館新聞

 函館と本州を結ぶ交通機関の2017年度上半期(4~9月)の利用者数が3日までにまとまった。北海道新幹線の利用客は約110万3400人で、開業ブームに沸いた前年を23%下回った。一方、フェリーの青函航...

ニセコエクスプレス 最後の旅 運行29年
2017年11月05日 北海道新聞

 札幌とニセコ地区などを結ぶリゾート列車として1988年から親しまれてきた「ニセコエクスプレス」が4日、最後の運行日を迎えた。札幌市のJR札幌駅には大勢の鉄道ファンらが集まり、札幌発の最終列車を見送っ...

車両不具合で3本運休 JR千歳線
2017年11月05日 北海道新聞

 4日午後0時半ごろ、札幌市厚別区のJR千歳線新札幌駅構内で、新千歳空港発小樽行き快速エアポート(6両編成)に、走行しようとするとブレーキのかかる不具合が発生した。JR北海道は、点検と整備を行った後、...

ニセコエクスプレス最終運行 29年間ねぎらい別れ 後志の各駅
2017年11月05日 北海道新聞

 【蘭越、ニセコ、倶知安】「ありがとう、さようなら」―。JR北海道のニセコエクスプレスが最後の運行をした4日、函館線の各駅では多くの住民が別れを惜しんだ。  午前中に札幌駅を出発したニセコエクスプレス...

ニセコエクスプレスの旅、終幕
2017年11月05日 読売新聞

 札幌とニセコ地区などを結んだJR北海道のリゾート列車「ニセコエクスプレス」(3両編成)が4日、最後の運行を終えた。この日のラストランは札幌―蘭越間を運行し、途中の駅では、懐かしい姿を記憶にとどめよう...

JR、ブレーキ不具合で6本運休
2017年11月05日 読売新聞

 4日午前7時半頃、札幌市白石区のJR千歳線平和駅に停車していた小樽発千歳行き普通列車(3両編成)で、ブレーキ制御などに使う圧縮空気の圧力が規定値に達しない不具合が起きた。  JR北海道によると、こ...

母恋めし×JR室蘭線 栄えた鉄の街、母の思い
2017年11月05日 毎日新聞

JR室蘭線の母恋駅  木造の小さな駅舎に2両編成のディーゼル車がとまった。北海道室蘭市にあるJR室蘭線の母恋(ぼこい)駅。常駐する駅員はいない。地元住民が切符を販売する簡易委託駅だ。  JR...

列車不具合 エアポートなど6本運休
2017年11月04日 北海道新聞

 4日午前7時半ごろ、札幌市白石区のJR千歳線平和駅に停車中の小樽発千歳行き普通列車(3両編成)で、ドア開閉やブレーキなどに使う圧縮空気の圧力が一時上昇しない不具合が起きた。けが人はいなかった。この列...

北竜 運転免許返納 2年半で31人
2017年11月04日 北空知新聞

 【北竜】迷えるお年寄りの背をそっ、と……。見落とし・勘違いなど老化に起因した高齢ドライバーの交通事故多発が社会的課題となるなか、町が15年度から手がける運転免許証を自主返納したお年寄りにタクシーチケ...

線路と道路両用車 東京五輪目標に営業運行 徳島・高知の阿佐海岸鉄道
2017年11月04日 産経新聞

 徳島県と高知県を結ぶ阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道は、2020年東京五輪・パラリンピックを目標に、線路と道路の両方を走行できるデュアル・モード・ビークル(DMV)の世界初の営業運行開始を目指している...

ニセコエクスプレス」運転最終日 鉄道ファン詰めかける 札幌市
2017年11月04日 UHB

 リゾート列車ニセコエクスプレスが、11月4日運転最終日を迎え、鉄道ファンが詰めかける中、札幌駅を発車しました。  札幌からニセコ方面へのスキー列車として1988年に運転を始めたニセコエクスプレスは、...

ニセコエクスプレス 最後の運行
2017年11月04日 NHK

30年近く走り続けてきたJRのリゾート列車「ニセコエクスプレス」が4日の運行を最後に引退することになり、札幌駅では多くの鉄道ファンらが訪れて別れを惜しみました。 ニセコエクスプレスは、札幌とニセコなど...

「ニセコエクスプレス」最終運行
2017年11月04日 hbcnews

JR北海道のリゾート列車「ニセコエクスプレス」が4日の運行を最後に29年の歴史に幕を下ろします。札幌駅などでは別れを惜しむ鉄道ファンが集まっています。 午前8時前、最後の雄姿を一目みようと札幌駅には多...

新千歳空港 国際貨物機常時受け入れ体制整う SIACT専用リフト車導入
2017年11月04日 北海道新聞

 新千歳空港で国際貨物を扱う札幌国際エアカーゴターミナル(SIACT、千歳)が、国際貨物専用機の荷物積み降ろしに必要な大型リフト車のリース契約を貨物航空会社と結び、同空港で海外からの貨物専用機を常時受...

特急「ライラック旭山動物園号」が登場 JR 来年1、2月の土日祝
2017年11月04日 北海道新聞

 JR北海道は来年1、2月に特急「ライラック」の一部を「ライラック旭山動物園号」として運行する。運行は来年1月6日~2月25日の土日、祝日限定(2月10日は除く)で1日1往復する。車内で動物の着ぐる...

計器不具合で快速運休 旭川・永山駅
2017年11月04日 北海道新聞

 【旭川】3日午後5時45分ごろ、旭川市内のJR宗谷線永山駅構内で、停車中の旭川発名寄行き快速列車(1両編成)の非常ブレーキ作動を知らせる運転席表示ランプが点滅する不具合が発生した。点検したが原因がわ...

JR観光列車が出発…モニター第2弾
2017年11月04日 読売新聞

道東ツアー、満足度検証  JR北海道の赤字線区見直し問題に関連して、道が観光列車の可能性を探ろうと企画した2泊3日のモニターツアーが3日、スタートした。札幌発着で根室、釧網、石北線を使って道東を周遊す...

道東巡る観光列車 釧路、白糠駅で歓迎
2017年11月04日 釧路新聞

 道内を周遊する道の観光列車モニターツアーは3日、道東を巡る2泊3日のツアーで釧路入りした。今回のツアーには78人が参加し、JR白糠駅、釧路駅で沿線自治体の関係者が特産品で乗客をもてなした。観光列...

江別市のJR函館線で人身事故
2017年11月03日 NHK

2日、江別市のJR函館線で線路上に男性が侵入し、普通列車にはねられて死亡する事故がありました。 この事故で、JR函館線などに運休や遅れが出たほか、3日も札 幌と旭川を結ぶ特急2本が運休になるなどの影響...

JR岩見沢駅の「北欧」閉店 空き店舗また一つ
2017年11月03日 北海道新聞

 【岩見沢】JR岩見沢駅がある岩見沢複合駅舎でテナント営業を続けてきたパン店「北欧 JR岩見沢店」が10月31日で閉店した。JR北海道によると、後継のテナントは決まっていない。同駅舎では今年、市内のN...

栗林商船、4隻更新 19年秋から180億円投資
2017年11月03日 北海道新聞

 室蘭発祥の内航海運大手、栗林商船(東京)は2日、主に北海道―本州間の定期航路で使用している貨物船5隻のうち4隻を、2019年秋から21年にかけて更新すると明らかにした。投資額は約180億円で、同社と...

列車にはねられ死亡 江別
2017年11月03日 北海道新聞

 【江別】2日午後9時ごろ、江別市大麻扇町、JR函館線大麻―森林公園駅間の線路上で、男性が江別発小樽行き普通列車(6両編成)にはねられ、間もなく死亡した。乗客乗員83人にけがはなかった。  江別署によ...

北海道新幹線をより身近に、『北斗市民限定!北海道新幹線で行く青森日帰りツアー』を実施します=北海道北斗市
2017年11月02日 北斗市

 北斗市では、平成28年3月26日に開業した北海道新幹線を市民の皆様に、より身近に感じていただくため、JR北海道が実施している「北海道新幹線開業1周年企画 沿線自治体様向け特別運賃設定」を活用し、『...

落雷か?信号装置故障、JR宗谷線運休
2017年11月02日 北海道新聞

 【名寄】1日午後10時20分ごろ、名寄市のJR宗谷線名寄駅構内で信号装置が故障し、作動しなくなった。この影響で、運行中の旭川発名寄行きの普通列車2本が部分運休し、乗客計15人を名寄駅などへタクシーで...

貸自転車「ポロクル」快走 札幌市中心部、15%増9万9千件
2017年11月02日 北海道新聞

 札幌市中心部で自転車を共同利用するサービス「ポロクル」が10月31日、今季の営業を終了した。市民や観光客の利用回数は前期比15%増の9万9千件(速報値)と5年ぶりに増加に転じた。また、昨季から始まっ...

エア・ドゥ34便運休へ LCC台頭、機長不足
2017年11月02日 北海道新聞

 AIRDO(エア・ドゥ)は31日、途中退職で機長が不足したとして、11月に運航を予定していた1994便のうち、新千歳―羽田、仙台線の2路線34便を運休すると発表した。予約者は約2400人で、同社は他...

落雷でJR宗谷線ダイヤ乱れ続く
2017年11月02日 hbcnews

1日夜、上川のJR名寄駅近くに雷が落ち駅の信号機などが故障しました。現在も復旧作業を行っているため宗谷線の一部の列車が運休するなどダイヤが乱れています。1日夜、JR名寄駅近くであった落雷で、駅構内の信...

JR函館線で駅通り過ぎて停車
2017年11月02日 NHK

1日夜、札幌市手稲区のJR函館線のほしみ駅で、上りの普通列車がホームの停止位置をおよそ800メートル通り過ぎて急停車するトラブルがありました。 乗客にけがはありませんでした。 JR北海道によりますと1...

落雷でJR宗谷線14本運休
2017年11月02日 NHK

JR宗谷線は、落雷の影響で名寄駅構内の信号機が故障したため、旭川駅と稚内駅の間の区間を走る始発から午前中いっぱいまでの普通列車と快速列車、あわせて14本が運休となっています。 JR北海道によりますと、...

日勝峠不通で無料、道東道の交通量1・5倍に 大型車は2・9倍
2017年11月02日 北海道新聞

 昨年8月の台風被害で不通となった国道274号の日勝峠の代替路として、昨年9月から今年10月28日まで無料としていた道東道占冠インターチェンジ(IC)―十勝清水IC間の交通量は、前年同期の約1・5倍だ...

車輪に傷、特急サロベツ2本運休 シカ衝突が原因か
2017年11月02日 北海道新聞

 【旭川】1日午前11時ごろ、旭川市永山1のJR旭川運転所構内で、点検中の特急列車の車輪に基準値を超える傷が見つかった。この影響で、午後1時1分稚内発旭川行きと午後1時35分旭川発稚内行きの特急サロベ...

普通列車オーバーラン JR函館線ほしみ駅
2017年11月02日 北海道新聞

 1日午後7時50分ごろ、札幌市手稲区のJR函館線ほしみ駅で、小樽発新千歳空港行き普通列車(6両編成)が停止位置を約800メートル行き過ぎて停車した。乗客130人にけがはなかった。  JR北海道による...

「貨客混載」事業 乗り合いタクシーが宅配 全国初 北海道・旭川
2017年11月02日 毎日新聞

 北海道旭川市のタクシー会社「旭川中央ハイヤー」と佐川急便は1日、乗り合いタクシーで宅配の荷物を戸別配送する「貨客混載」事業を始めた。同社によると、タクシー会社と運送会社が連携し乗り合いタクシーを使っ...

さっぽろ駅、地下鉄の柵撤去祝う
2017年11月02日 読売新聞

 札幌市営地下鉄さっぽろ駅の南北線と東豊線とをつなぐ連絡通路の柵の撤去作業が完了し、通路に近い同市中央区のさっぽろ東急百貨店入り口で1日、セレモニーが開かれた。  撤去を呼びかけた地元・中央地区第5...

釧路外環状道路 別保IC間の工事進む
2017年11月02日 釧路新聞

 2018年度の開通を目指す釧路外環状道路の釧路東インターチェンジ(IC)│別保IC間(6・9㌔)は順調に工事が進み、釧路別保IC付近は別保川を渡る仮称・新別保大橋(248㍍)の橋台、橋脚が完成し...
●indexへ戻る●  ●TOPへ戻る●