北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。
媒体名は各記事へのリンクになっていますが、リンク先が掲載期間終了などで無くなっている場合、また、有料記事などで閲覧できない場合があります。
記事全文公開は終了しました。各媒体でご確認ください。
検索入力: 以降 まで
かな・漢字対応(スペースで複数項目)

143件見つかりました

国鉄車両の往時しのぶ 鉄道ファンら見学 北見の展示場
2018年10月22日 北海道新聞

 オホーツク管内で活躍した旧国鉄時代の鉄道車両に親しむ催しが21日、北見市常盤町の丹尾鉄道遺産車両展示場で開かれ、家族連れや鉄道ファンが線路に降り積もった雪をはね飛ばす「ラッセル車」の内部などを見学し...

フェリー34年ぶり値上げで調整
2018年10月22日 NHK

札幌市に本社がある「ハートランドフェリー」は乗客数が減少する中、燃料代が高騰しているとして、来年はじめにも平均27%の運賃値上げを届け出ることで国と調整していることがわかりました。 値上げすれば34...

札沼線の記憶歌い継ぐ 新十津川駅沿線出身歌手らライブ
2018年10月22日 北海道新聞

 【新十津川】沿線4町が廃止に合意したJR札沼線北海道医療大学―新十津川間の終着駅新十津川駅で21日、沿線の町にゆかりがあるバンドや歌手によるライブが開かれ、町民ら約50人がひとときを楽しんだ。  新...

貸し切り市電で大間原発反対訴え 函館で市民団体労組などデモも
2018年10月22日 北海道新聞

 青森県大間町で建設中の大間原発に反対する道南の市民団体などが21日、建設反対を函館市内の各地で訴えた。市民らは「原発反対」「STOP大間原発」と書かれた旗を掲げ、原発の建設反対をアピールした。  電...

高速道路で復興応援割引
2018年10月21日 NHK

高速道路の利用客を増やして復興につなげていこうと、NEXCO東日本は道内の高速道路のETCの料金について定額で乗り降りができる割引サービスを実施することにしました。 この割引は普通車と軽自動車、それ...

JR値上げ方針 納得ゆく説明が必要だ
2018年10月21日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は、国、道、自治体関係者らとの6者協議で、来年10月に運賃を値上げする方針を明らかにした。  JRは、消費税の増税分を除き、1996年から運賃を据え置いてきた。収支悪化が続く鉄...

JR運賃値上げに反発も 自治体「経営努力不十分」
2018年10月21日 北海道新聞

 JR北海道が経営再建の一環として行う運賃値上げは、地方路線の見直しとは関係の薄い札幌など都市部の利用客の反発も予想される。20日の6者協議では、バス転換方針の日高線鵡川―様似間など5区間の廃線に伴う...

8区間支援額、三すくみ JR6者協議 国、地元主導主張/道「国やJRが」/JR、提示に二の足 来年度予算へ迫る時間
2018年10月21日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題を議論する20日の6者協議は、JRが存続を目指す8区間に対する国や道などの支援額が示されるかが焦点だったが、出席した国土交通省、道、JRのいずれからも言及はなかった。地元主...

JR、8区間の支援額は示さず 来年10月値上げへ
2018年10月21日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は20日、JRの路線見直し問題を国や道などと議論する6者協議で、来年10月の消費税率10%への引き上げに合わせて運賃を値上げする方針を表明した。値上げ幅は明らかにしなかったが、...

北海道)JR北、運賃値上げへ 消費増税に合わせて
2018年10月21日 朝日新聞

 経営難に陥っているJR北海道は20日、2019年10月の消費税率の引き上げに合わせて、運賃を値上げする方針を表明した。値上げは1996年以来で、40億円の増収を見込む。ただ、それでも赤字の基調は変わ...

来年10月運賃値上げ表明/JR北海道
2018年10月21日 釧路新聞

JR北海道の島田修社長は20日、道庁での6者協議の席上、2019年度から23年度までの5年間の収支計画を公表。この中で消費税の増税に合わせて来年10月に運賃を値上げする意向を表明した。実質40億円規模...

JR北海道 2019年10月値上げ 40億円規模の増収見込み
2018年10月20日 UHB

 JR北海道の島田社長は国や道など6者がそろい、JRの経営見直し問題を協議する場で、消費税が増税される来年10月に、運賃を値上げする意向を表明しました。 JR北海道島田社長:「消費税改訂が予定されてい...

JR北海道、19年10月に運賃値上げ 40億円の増収見込む
2018年10月20日 日本経済新聞

経営再建中のJR北海道は20日、消費増税が予定される2019年10月に鉄道運賃を引き上げる方針を表明した。引き上げ幅は明示しなかったが、増税分を含め年40億円の増収を見込む。値上げに加え、国が19...

JR来年10月運賃値上げ 知事「収支改善不十分」
2018年10月20日 HTBニュース

 JR北海道は20日、国や道などに対し来年10月に運賃の値上げを行う意向であると表明しました。  JR北海道の島田社長は国、道などとの協議の中で、「消費税改定が予定されている平成31年の10月に合わせ...

夕張支線、紅葉と最後の共演 撮影スポットにファン集結
2018年10月20日 北海道新聞

 【夕張】紅葉シーズンの週末の20日、鮮やかな紅葉を背景に、来年4月に廃止されるJR石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)の列車を撮影しようと、多くのアマチュア写真家や鉄道ファンが沿線を訪れた。...

JR運賃値上げなどで赤字圧縮へ
2018年10月20日 NHK

JR北海道は20日開かれた赤字路線見直しを巡る協議で来年10月にも平成8年以来となる運賃の値上げを行うなど経営改善によってグループ連結の赤字額を圧縮できるとした向こう5年間の収支の見通しを示しました...

JR北来年10月に運賃値上げ 赤字は続く見通し
2018年10月20日 hbcnews

JR北海道は来年10月、消費増税に合わせて運賃を値上げする計画を明らかにしました。 一方で、値上げをしても赤字が続く見通しです。 JR北海道は、国や道などと開いた会合で、消費増税があがる来年10月にあ...

JR、19年10月値上げへ 6者協議で表明 赤字基調変わらず
2018年10月20日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題を議論する国、道、JRなどの6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JRの島田修社長は2019年度から5年間の経営見通しを示し、収支改善策として、来年10月の消費税率10%へ...

来年10月に値上げ JR北海道 経営改善に向け
2018年10月20日 十勝毎日新聞

 【札幌】JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年1...

経済、観光活性化に期待 道横断道の小樽―余市12月開通
2018年10月20日 北海道新聞

 北海道横断自動車道の余市インターチェンジ(IC)―小樽ジャンクション(JCT)間が12月8日に開通することになり、小樽市や余市町の関係者は地域経済や観光への波及効果を期待している。今後は大消費地の札...

JR留萌本線 存続の道を探る 
2018年10月20日 北空知新聞

赤字経営を続けるJR北海道(本社・札幌市、島田修社長)が「単独では維持困難」としてバス転換の方針を示すJR留萌本線(50・1㌔)について、沿線自治体(深川・秩父別・沼田・留萌)の4首長で組織する「JR...

大東案、月内に認可申請へ 新幹線札幌駅ホーム 「パセオ」一部取り壊しも
2018年10月20日 北海道新聞

 2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌駅のホーム位置を巡り、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が月内に、現認可案の現駅から、200~300メートル東に造る「大東(おおひがし)案」へと国土交通省に認可変...

JRの臨時列車 新幹線59本増発 冬季運行計画
2018年10月20日 北海道新聞

 JR北海道は19日、12月1日~来年2月28日の臨時列車の運行計画を発表した。北海道新幹線と在来線を合わせて330本増発。冬季の増便に対応できる体制が整った新幹線をはじめ、年末年始を中心に臨時列車を...

富良野道路 11月24日開通
2018年10月20日 北海道新聞

 【富良野】旭川開発建設部は19日、地域高規格道路の旭川十勝道路(旭川―占冠、120キロ)の一部として建設した富良野道路(8・3キロ)を11月24日午後4時に開通すると発表した。  富良野市学田三区...

JR北海道巡る6者協議 地元負担巡り平行線
2018年10月20日 STV

JR北海道に対する、国の財政支援策について、国や道などが出席した6者協議が開かれましたが、議論は平行線のままで継続となりました。 国土交通省や道、JR北海道などが参加した6者協議は道庁で開かれました。...

元気な北海道確認して 道、観光客呼び戻しへ航空会社と連携
2018年10月20日 苫小牧民報

 胆振東部地震後に減少している北海道への国際線利用者と外国人観光客を呼び戻すため、北海道は19日、海外航空会社と連携した道内観光地を巡る招待視察事業を始めた。第1弾として韓国の仁川空港から大韓航空ソウ...

八戸寄港やダイヤ変更で利用促進
2018年10月19日 NHK

ことし6月に就航した室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリーは、主力のトラック輸送が不振なため、新たに青森県八戸市に寄港したり、出発の時刻を変更したりして利便性を高めトラックの利用を促しています。 北海道...

JRが「元気です北海道」ツアー
2018年10月19日 NHK

先月の地震で宿泊のキャンセルなど道内の観光業に深刻な影響が出る中、JR北海道などが企画したツアーが催され、札幌駅では本州方面からの観光客が紅葉やグルメを楽しむ旅に出発しました。 このツアーは、官民で...

“復興への願い”乗せ観光列車出発 北海道の紅葉とグルメ楽しむ旅 JR札幌駅
2018年10月19日 hbcnews

地震の後、相次ぐキャンセルのため一時、中止も危ぶまれた貸し切り観光列車が、「復興祈願号」として札幌駅を出発しました。 ホームの案内板に「復興祈願号」と表示された貸し切り観光列車。 この観光列車は、18...

地震時の新千歳 2年前の教訓生かす 国際便分散、遅延なし
2018年10月19日 北海道新聞

 【千歳】9月6日の胆振東部地震で新千歳空港の運航は一時ストップし、再開時には大量の乗客が詰めかけたが、大きな混乱は見られなかった。国内線より1日長い2日間の停止となった国際線は「最悪のクリスマスイブ...

貨物業界連携へ協議始まる
2018年10月19日 NHK

道内の将来の貨物輸送のあり方を官民で検討する会合が札幌市で開かれ、トラック業界からは今後、運転手不足がいっそう深刻化するといった懸念が示され、鉄道やフェリーなどほかの輸送手段も含めて連携を模索すること...

JRの経営見通し焦点 路線見直しで20日6者協議
2018年10月19日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題で、道は18日、JR、国土交通省、北海道市長会などとの4回目の6者協議を20日に道庁で開くと発表した。JRが2019、20年度の2年間で不足する資金額や詳細な経営見通しを示...

石北線で車輪空転多発 秋に集中、JRは対策苦慮
2018年10月19日 北海道新聞

 【上川、遠軽】上川町とオホーツク管内遠軽町のJR石北線上川駅―白滝駅間(37・3キロ)で9月以降、車輪の空転が原因の列車の遅れや運休が相次いでいる。レールに付いた落ち葉などが原因とみられ、10月17...

列車に揺られ語らう夕張支線 11月3日「貸し切り」運行
2018年10月19日 北海道新聞

 【夕張】来年4月のJR石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)廃止に向け、市は11月3日、貸し切り列車に乗って支線の思い出を語り合うイベントを開く。夕張に愛着がある人にまちづくりに関わってもら...

「ふっこう割」旅行会社で発売 シニア層から電話殺到
2018年10月19日 北海道新聞

 道内を訪れる観光客の宿泊費などを最大7割補助する「北海道ふっこう割」の店舗販売が18日、札幌市内の一部の旅行会社で始まった。この日、各店舗にはシニア層を中心に、問い合わせの電話が殺到。18日に発売が...

道内高速道乗り放題 19日から申し込み
2018年10月19日 北海道新聞

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)は19日午後2時から、道内の高速道路を定額で2~3日間乗り放題とするプラン「北海道観光応援ぱす」の申し込み受け付けを専用サイトで始める。  胆振東部地震で落ち込んだ道...

北海道ふっこう割の第2弾、旅行商品が最大7割引き
2018年10月19日 日本経済新聞

北海道内の旅行で宿泊費や交通費などを割り引く「北海道ふっこう割」の第2弾が18日から始まった。交通費を含む道内の旅行商品が最大7割引きになる。ただ、すぐに宿泊施設を予約しないとせっかく取得した割引...

レンタカー無人貸し出し ジェイアール北海道レンタリースが試行-新千歳営業所
2018年10月19日 苫小牧民報

 JR北海道グループでレンタカー業を手掛けるジェイアール北海道レンタリース(札幌市)がディー・エヌ・エー(DeNA)と共に10月から、無人貸し出しのサービスを千歳市柏台南の新千歳空港営業所で試行してい...

花咲線に「ラッピング列車」 JR釧路支社
2018年10月19日 釧路新聞

JR北海道釧路支社は11月から、釧路と根室を結ぶ花咲線を中心に「地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン」を運行する。2021年3月まで運転の計画で、現在車内で実施しているスマートフォンのアプリによる音声...

列車オーバーラン、乗客1人降車できず 遠軽・安国駅
2018年10月18日 北海道新聞

 【遠軽】18日午後8時50分ごろ、オホーツク管内遠軽町生田原安国のJR石北線安国駅で、北見発遠軽行き普通列車(3両編成)が停止位置を約160メートル行き過ぎて停車した。乗客9人にけがはなかった。列車...

乗客が線路に入り大声 根室線遅れる 厚内駅
2018年10月18日 北海道新聞

 【浦幌】18日午後3時10分ごろ、十勝管内浦幌町のJR根室線の厚内駅に停車中だった釧路発帯広行き普通列車(1両編成)内で、乗客の男性が騒ぐなどのトラブルがあった。  JR北海道によると、この男性は列...

道内物流の課題は 業者など連携会議初会合
2018年10月18日 北海道新聞

 道内の交通事業者や物流業者などで構成する道の「北海道交通・物流連携会議」の物流対策ワーキンググループ(座長・岸邦宏北大大学院准教授)の初会合が18日、札幌市内で開かれた。トラック業界のドライバー不足...

十勝川温泉宿泊、30日から補助 1泊2000円
2018年10月18日 北海道新聞

 【音更】十勝管内音更町は、専用プランなどを利用して町内の十勝川温泉のホテルに宿泊した人に最大4千円を補助する「音更ふっこう割」を30日に始める。胆振東部地震による風評被害で1万人を超えるキャンセルが...

「ふっこう割」の店頭販売始まる
2018年10月18日 NHK

先月の地震で深刻な影響を受けた北海道の観光業。 回復の切り札として注目されているのが「北海道ふっこう割」です。 道内の観光業への政府による支援策の1つで、道内に1泊以上する旅行商品などを対象に、1泊...

JR路線見直し20日に6者協議 地震被害加味した見通し提示へ
2018年10月18日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題で、道は18日、JR、国土交通省、北海道市長会、北海道町村会、JR貨物との4回目の6者協議を20日に道庁で開く方針を固めた。JRが、胆振東部地震の被害を見込んだ今後5年間の...

貨物引き込み線などで物流強靭化推進 苫小牧港の長期構想
2018年10月18日 北海道建設新聞

 官民の港湾関係者らでつくる苫小牧港長期構想検討委員会は、北海道胆振東部地震を踏まえ、物流の強靱(きょうじん)化推進などを盛り込む方針だ。具体的には北海道スマートポート、北海道フードポート、北海道レジ...

JR根室線存続へ来月6日に帯広集会
2018年10月18日 十勝毎日新聞

 新得町民有志で結成した「JR根室本線の災害復旧と存続を求める会」(平良則代表)は11月6日午後6時半から、帯広市内のとかちプラザレインボーホールで「JR根室本線(新得-富良野間)の路線維持を! 北...

新千歳の国際線、拡張工事を公開
2018年10月18日 朝日新聞

来年度末完了見込み  国土交通省千歳空港建設事業所が新千歳空港で進めている国際線の関連拡張工事が17日、周辺自治体の関係者らに公開された。  国際線旅客数の利用増を受け2016年度から始まった「国際線...

JRへの財政支援 自治体負担軽減を 道市長会、国に要請へ
2018年10月18日 北海道新聞

 【伊達】北海道市長会(会長・菊谷秀吉伊達市長)の秋季定期総会が17日、伊達市内で開かれ、JR北海道への財政支援を決めた国に対し、地方自治体の負担軽減を求めることを決議した。  決議は道内自治体の財政...

駐機場 ただいま舗装中 新千歳空港 国際便増へ工事着々
2018年10月18日 北海道新聞

 【千歳】札幌開建は17日、新千歳空港の国際線乗り入れ便の増加に対応するため、2016年度から同空港で行っている工事の現場を報道陣などに公開した。3スポット増設する国際線の駐機場は19年8月、南側誘導...

21日・鉄道遺産車両の内部見学会
2018年10月18日 経済の伝書鳩

北見市常盤町の展示場で鉄道映画も上映 鉄道遺産車両の内部見学会が21日(日)午前10時~午後2時、北見市常盤町1にある私設の展示場で開かれる。無料。  展示場は旧ふるさと銀河線跡地の西側にあり、ラッセ...

新千歳空港国際線拡充工事現場を公開 新設・改良、着々と-札幌開発建設部
2018年10月18日 苫小牧民報

 札幌開発建設部は17日、建設の進む新千歳空港国際線ターミナル地域再編事業の関係自治体向け工事現場見学会を同空港で開催した。駐機場、誘導路、構内道路アンダーパスの現場3カ所を公開し、国際線旅客の需要増...

シカと衝突、特急に遅れ
2018年10月17日 北海道新聞

 17日午後4時40分ごろ、JR千歳線の南千歳(千歳市)―植苗(苫小牧市)間で、札幌発東室蘭行き特急すずらん(5両編成、乗客128人)がシカと衝突した。乗客乗員にけがはなかった。JR北海道によると、特...

高校間口維持を強く求める 中野道議と名寄市が政策懇談・懸案事項15件で要望
2018年10月17日 名寄新聞

【名寄】中野秀敏北海道議会議員と名寄市の政策懇談会が16日に総合福祉センターで開かれ、市がJR宗谷本線維持・存続や高校再編支援の重点事業などで要望した。 道政に関わる市の懸案事項を解決するため、毎年1...

割安の高速料金、観光客おいで
2018年10月17日 朝日新聞

地震復興の「応援ぱす」 19日発売  東日本高速道路(NEXCO東日本)は、道北、道東、道南の高速道路を割安で利用できる「北海道観光応援ぱす」を19日から発売する。胆振東部地震で落ち込んだ観光客を道内...

都心アクセス道評価へ 開発局 住民5万人に調査
2018年10月17日 北海道新聞

 開発局札幌開発建設部は26日から、札幌市中心部と札樽自動車道・札幌北インターチェンジ(IC)までの約4キロを結ぶ「都心アクセス道路」構想について、沿線住民ら5万人から意見を聞くアンケートを行う。検討...

90年前の木製乗車券箱展示 十勝晴駅
2018年10月16日 十勝毎日新聞

 【音更】私設鉄道博物館「十勝晴駅」(町柳町南区12)は、「鉄道の日」の14日から、90年前に製作された木製乗車券箱の展示を始めた。今でも木製の蛇腹式扉が上下に稼働する“年代物”で、博物館を運営する穂...

東北・北海道新幹線 半額のネット切符 JR北海道が20日発売
2018年10月16日 北海道新聞

 JR北海道は20日から、東北・北海道新幹線の仙台―新函館北斗間などが半額になる特別切符「お先にトクだ値スペシャル」を販売する。対象は11月20日~12月25日乗車分。胆振東部地震の影響で落ち込んだ観...

鉄道ファンにぎわう 標津で転車台まつり
2018年10月16日 釧路新聞

鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だったが、メンバー...

「特等席」で眺めを満喫 市電運転体験会に30人参加【函館】
2018年10月16日 函館新聞

函館市企業局交通部は13日、駒場車庫で市電運転体験会を開いた。午前、午後の合計で約30人が参加。車両を走らせながら、めったに座ることができない運転席からの眺めを満喫した。 10月14日の「鉄道の日」に...

線路点検で特急など遅れる JR根室線
2018年10月15日 北海道新聞

 【池田】15日午後5時半ごろ、JR根室線の十弗(とおふつ)駅(十勝管内豊頃町)―昭栄信号場(同管内池田町)間を走行中の釧路発札幌行き特急スーパーおおぞら10号(7両編成、乗客約80人)の運転士が異常...

JR路線存廃問題 いまの状況は
2018年10月15日 NHK

JR北海道の路線見直し問題について、JRが単独では維持が困難だという区間を公表してまもなく2年になります。 先週金曜日、学園都市線の一部の区間で沿線の自治体が廃止を受け入れ、大きな節目を迎えました。 ...

新千歳空港にローソン銀行ATM
2018年10月15日 NHK

15日からサービスを始める大手コンビニ系の新しい銀行「ローソン銀行」が、コンビニの店舗以外にATM=現金自動預け払い機を新千歳空港に設置しました。 大手コンビニ子会社の「ローソン銀行」は銀行業に新規...

「観光公害」初の実態調査 訪日客増で対策強化 観光庁
2018年10月15日 北海道新聞

 訪日外国人旅行者の急増などに伴い地域の生活環境が悪化する「観光公害」と呼ばれる現象について、観光庁が初の実態調査に乗り出した。各地で交通混雑や民泊を巡るトラブルなどが起きており対策を強化する。詳しい...

拓鉄の歴史知る 新得駅前で催し
2018年10月15日 朝日新聞

開線90年・廃線50年記念  かつて新得と上士幌を結んでいた北海道拓殖鉄道(拓鉄)の開線90年と廃線50年を記念した鉄道展が、新得町のJR新得駅前で開かれている。21日まで。  拓鉄は1928年に開業...

札沼線廃止、4町長が合意
2018年10月15日 朝日新聞

医療大学―新十津川 路線バス運行へ  経営難のJR北海道が廃止する方針の札沼線(北海道医療大学―新十津川間、47・6キロ)について、当別、月形、浦臼、新十津川の沿線4町長は12日、正式に廃線を受け入れ...

函館大手町で土地取得、MSやホテルを計画
2018年10月15日 北海道建設新聞

 函館市大手町で、ホテル新設などを想定した土地の売買が活発化している。函館国際ホテルが立地する一画で、グランイーグル(東京都大田区西蒲田7丁目12の2、中野博社長)、サンケイビル(東京都千代田区大手町...

社説)札沼線廃止へ 地域支援の履行着実に
2018年10月15日 北海道新聞

 地域で十分な検討を重ねた上での決断を尊重したい。  JR札沼線北海道医療大学―新十津川間の沿線4町は、JR北海道の提案を受け入れ、バス転換に同意することを決めた。  空知管内月形、新十津川、浦臼、石...

秘境駅盗難から守れ 幌延・雄信内駅 天塩署と地域協力隊が週1度パトロール 看板や備品見守り
2018年10月15日 北海道新聞

 【幌延】JR宗谷線の無人駅の雄信内(おのっぷない)駅で昨年9月、駅名看板が盗まれたことを受け、天塩署と町地域おこし協力隊が今年6月から、同駅で定期的に合同パトロールを行っている。駐在所などが地域住民...

☆廃線合意で賑わう新十津川駅
2018年10月15日 プレス空知

【月形、新十津川】JR北海道が廃止方針を示している札沼線の沿線4町長の「第4回札沼線まちづくり検討会議」が12日、月形町役場で開かれ、4町は同区間の廃線の受け入れることに合意した。早ければ来年度中にも...

今月下旬からアンケート調査 名寄市公共交通活性協・交通網形成計画策定で
2018年10月14日 名寄新聞

【名寄】名寄市地域公共交通活性化協議会(会長・橋本正道副市長)は、「名寄市地域公共交通網形成計画」の策定に向け、今月下旬から利用者を対象としたアンケート調査を実施する。交通弱者を中心とした市民の足を確...

旭川のJR函館線近文駅で普通列車オーバーラン
2018年10月14日 北海道新聞

 【旭川】14日午前8時50分ごろ、旭川市近文町のJR函館線近文駅で、札幌発旭川行き普通列車(3両編成)が、停車位置を約230メートル過ぎて停車した。乗客30人にけがはなかった。  列車は、遅れが拡大...

バス運転手不足解消へ就職相談会
2018年10月14日 NHK

路線バスの運転手不足の解消につなげようと、釧路市で13日、運転手の仕事への理解を深めてもらう就職相談会が開かれました。 道の調査では、道内のバス会社のおよそ7割が「運転手が不足している」としていて、...

本州向けに共同で旅行キャンペーン JALとJR北
2018年10月14日 十勝毎日新聞

 【札幌】日本航空(JAL)とJR北海道は11月から、本州の旅行者向けに「JAL/JR 北海道 感動新発見 ひがし&きた北海道キャンペーン」を実施する。JAL便就航の帯広空港など道内5空港を利用し、J...

「110番協力ステッカー」を車体に張り市民の安全確保を手助けしている函館タクシー【函館】
2018年10月14日 函館新聞

函館タクシー(岩塚晃一社長)は犯罪や不審事案から市民を守ろうと、同社が展開するタクシー85台に「110番協力タクシー」のステッカーを張っている。タクシーが持つ機動性や通信設備を活用し、緊急時に警察や消...

バス運転手確保で合同説明会 釧根3社
2018年10月14日 釧路新聞

バス運転手を目指しませんか、と道東地域初の「路線バス運転体験&合同就職相談会」が道と北海道バス協会の主催で13日、釧路市大楽毛北1の釧路運転免許試験場で開かれた。バス運転手の人材不足、高齢化を...

来たれバス運転手 北海道のバス会社が共同で運転体験会開催 釧路市
2018年10月13日 UHB

 バス運転手の人材不足が深刻化するなか、釧路市で13日、バス会社による路線バスの運転体験会が開催されました。  この体験会はバス運転手の人材確保を目的に、道東のバス会社3社が共同で開催したものでも男女...

JR札幌駅「秋さけ祭」にぎわう
2018年10月13日 NHK

北海道の秋の味覚、秋さけの魅力を紹介する催しがJR札幌駅で開かれ、加工品を購入したり試食したりして多くの人が楽しんでいます。 この「秋さけ祭」は道内各地の漁協が今が旬の秋さけの魅力を紹介しようと開い...

踏切の敷板浮く 室蘭線・萩野―白老間
2018年10月13日 北海道新聞

 【白老】13日午前10時20分ごろ、胆振管内白老町石山のJR室蘭線萩野―白老間の踏切で、レールと地面の段差を埋める敷板が浮いていると、市民から苫小牧駅に連絡があった。点検と復旧処置のため、同線室蘭―...

新千歳空港出入国者が20%余減
2018年10月13日 NHK

先月、新千歳空港で出入国した人の数は前の年と同じ月と比べて20%余り減少しました。 先月の地震のあと道内を訪れる外国人観光客が大きく減ったことが主な要因と見られます。 札幌入国管理局によりますと、先...

札幌駅の高架化30周年 記念駅弁に被災地特産品
2018年10月13日 北海道新聞

 JR北海道は25日から、札幌駅が駅周辺の踏切をなくす「高架駅」として開業してから今年で30周年となるのを記念した駅弁を、2カ月間の期間限定で販売する。胆振東部地震で被災した自治体の食材をふんだんに使...

先行協議、厚い支援決め手 札沼線一部廃止、地元4町が合意 輸送密度最低、現実踏まえ 複数自治体 決着まで2年
2018年10月13日 北海道新聞

 JR札沼線の北海道医療大学―新十津川間の沿線4町長が12日、同区間の廃止受け入れを決め、JR北海道が2016年11月に廃止・一部バス転換を提案してから約2年を経て地元協議に結論を出した。当初から維持...

関西・九州から遊びに来て 往復航空券と列車乗り放題 JAL・JR北海道
2018年10月13日 北海道新聞

 日本航空(JAL)とJR北海道は12日、道外から道北や道東へ観光客を呼び込むため、往復航空券と鉄道が乗り放題の切符を組み合わせた新商品を11月1日出発分から発売すると発表した。今年で2年目。前回首都...

札沼線廃止、沿線4町合意 80年、涙の終着駅へ
2018年10月13日 北海道新聞

 JR札沼線北海道医療大学―新十津川間の沿線4町が12日、廃止受け入れを決め、来年にも八十数年の歴史に幕を下ろす。子どもの頃から札沼線とともに歩んできた人、通勤で毎日使う人、駅を守ってきた人―。かけが...

札沼線一部廃止、来年にも 道医療大―新十津川 4町長合意
2018年10月13日 北海道新聞

 【月形】JR北海道が廃止・一部バス転換を提案していた札沼線の北海道医療大学―新十津川間の沿線4町長は12日、空知管内月形町で会合を開き、同区間の廃止を受け入れることで合意した。年内にもJRと各町が合...

札沼線 4町廃線合意…バス転換など、JR北支援
2018年10月13日 読売新聞

 JR北海道が廃止・バス転換を提案している札沼線北海道医療大学―新十津川間(47・6キロ)について、沿線の月形、当別、浦臼、新十津川町は12日、月形町役場で4回目の検討会議を開き、4町の総意として廃線...

新政府専用機 函館空港で初の飛行訓練【函館】
2018年10月13日 函館新聞

2019年度から運用開始が予定されている次期政府専用機(ボーイング777-300ER型機)が12日、函館空港に初飛来した。午後1時35分ごろ、函館空港の恵山側から着陸し、すぐに離陸するタッチアンドゴー...

きれいになって戻るよ 修繕に向け市電搬出【函館】
2018年10月13日 函館新聞

函館市企業局交通部は12日、老朽化に伴う修繕のため市電車両2両を駒場車庫の敷地内から搬出する作業を行った。京王重機整備(東京)に運び、内外装とも〝リフレッシュ〟して来年3月下旬、函館へ戻る。 同部によ...

旭川空港で農作物を直売
2018年10月13日 STV

夏の天候不順で収穫が落ち込む旭川市の農業を盛り上げようと、旭川空港で農作物などの直売イベントが開かれました。 旭川空港で開かれた、農作物などの直売イベント・農場マルシェ。夏に長雨や低温が続いたことで、...

道東周遊観光を後押し JALとJR連携キャンペーン
2018年10月13日 釧路新聞

「今こそ北海道へ」―。日本航空(JAL)とJR北海道が協力し、今年も11月から国内の観光客を呼び込むため、JALで北海道へ飛んでJRの専用パスで周遊を楽しむ「JAL/JR北海道 感動“新”発見・ひがし...

JR札沼線、沿線4町が廃線容認 時期やバスなど詰め
2018年10月12日 日本経済新聞

JR北海道が赤字路線見直し問題の対象にしている札沼線(北海道医療大学―新十津川)を巡り、沿線4町は12日、廃線を容認することで合意した。今後は廃線時期やまちづくりの具体像、代替バスの運行などについ...

JR北海道・札沼線 沿線4町長 廃止受け入れ容認 バス転換 喫茶店スタッフ心配「無くなったら寂れる」
2018年10月12日 UHB

 JR北海道が一部廃止、バス転換を提案しているJR札沼線について、沿線4町は12日の会議で、廃止受け入れを容認することを決め、JRに伝えました。  12日、月形町で開かれた、札沼線まちづくり検討会議に...

バス転換容認 沿線4町 札沼線道医療大―新十津川間
2018年10月12日 北海道建設新聞

 JR札沼線(北海道医療大―新十津川間)の沿線4町長による札沼線沿線まちづくり検討会議の会合が12日、月形町役場で開かれた。4町の総意として、札沼線を廃止し、バス転換を容認することを確認した。今後、具...

札沼線 4町が廃止で合意
2018年10月12日 HTBニュース

 JR北海道が廃線にする意向を示していた札沼線の一部区間について当別町が容認すると表明し、これで沿線4町すべてが廃線を容認しました。  JR北海道は札沼線の一部バス転換について、北海道医療大学から新十...

学園都市線 沿線4町が廃止容認
2018年10月12日 NHK

JR北海道が廃止の意向を示している学園都市線の区間をめぐって、沿線の4つの町が12日会合を開き、廃止を受け入れることで合意しました。 月形町で開かれた会合には、JR北海道が廃止の意向を示している学園...

JR札沼線の一部区間廃止 沿線4町そろって受け入れ表明 北海道月形町
2018年10月12日 hbcnews

赤字のためJRが一部区間の廃止を提案している札沼線について、沿線の4つの町が廃止の受け入れをそろって表明しました。 「沿線4町の総意として、札沼線の当該線区の廃止を容認することを確認しました」(月形...

JR地震被害20億円 9月災害、過去2番目規模
2018年10月12日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は11日の記者会見で、9月に発生した台風21号と胆振東部地震による復旧費用と減収額を合わせた被害総額が、本年度末までに22億8千万円に上るとの見通しを示した。このうち地震による...

ホテル「東横イン」着工で地鎮祭 新函館北斗駅前【北斗】
2018年10月12日 函館新聞

【北斗】JR新函館北斗駅前の商業地に建設するホテル「東横イン」の地鎮祭が11日、北斗市市渡1の建設地で行われた。同駅前では2件目となるホテル建設で、施工業者や同ホテルの役員ら約30人が出席し、工事の無...

ドライバー確保へ初企画 28日に合同就職相談会-道南バス、あつまバスなど
2018年10月12日 苫小牧民報

 道と北海道バス協会は、苫小牧市内など胆振日高で路線バスを運行する道南バス(本社室蘭市)、あつまバス(厚真町)と連携し、地域のバス運転手の確保に向けた初の合同就職相談会を28日、白老町のはぎの自動車学...

JR北海道、台風と地震で被害23億円
2018年10月11日 日本経済新聞

JR北海道の島田修社長は11日の記者会見で、9月に発生した台風21号と胆振東部地震による2018年度末の被害総額が、JR北単体で23億円に上る見通しであることを発表した。鉄道施設の復旧や列車の運休...

JR北海道の地震被害18億円に
2018年10月11日 NHK

JR北海道は、先月の地震で被害が出た橋の修理や代行バスの運行に4億円あまりの費用がかかり、列車の運休による収入の減少とあわせた被害額が先月末時点で18億円にのぼったことを明らかにしました。 JR北海...

もみじまつり直行バス運行 十勝バス
2018年10月11日 十勝毎日新聞

 十勝バスは14日の「岩内仙峡もみじまつり」に合わせて、会場までの直行バスを運行する。特典付きで大人片道1000円。 ...

車輪空転、特急が部分運休 上川のJR石北線
2018年10月11日 北海道新聞

 【上川】10日午後8時ごろ、上川管内上川町のJR石北線上川―白滝駅間で、札幌発網走行きの特急オホーツク3号(4両編成、乗客32人)が車輪の空転で進めなくなるトラブルがあった。この列車は上川―網走間を...

千歳線・沼ノ端―南千歳、12日に徐行解除
2018年10月11日 北海道新聞

 JR北海道は10日、胆振東部地震の影響によって千歳線沼ノ端―南千歳間で続けていた徐行運転を、12日の始発から解除して平常運転に戻すと発表した。  このほか徐行運転が続く区間のうち、石勝線南千歳―追分...

根室駅発、ブログ見るみなさん行き 始発列車撮り続け発信 「花咲線の会」鈴木代表 乗客数も調査利用増に笑顔
2018年10月11日 北海道新聞

 【根室】根室市内の花咲線ファンらでつくる「夢空間☆花咲線の会」の代表で市内の会社員鈴木一雄(45)さんは、仕事の前にほぼ毎朝、根室駅で始発列車の乗客を数え、車両を撮影し、同会のブログで紹介している。...

函館市電の軌道制震化、加速 強度高め振動を抑制 本年度は300メートル超
2018年10月11日 北海道新聞

 函館市企業局交通部が市電の軌道について、強度を高めて周辺への振動も減らす「制震化」を進めている。2005年度にスタートし、17年度からは10年計画を立てて本格化。本年度は5日から、市内駒場町で従来よ...

白老のSLポロト号が冬囲い 駅北整備で次は20年春お披露目
2018年10月11日 苫小牧民報

 JR白老駅北口広場で保存展示している「SLポロト号」の冬囲い作業が9日、SLポロト号保存会(沢田久雄会長)や白老ライオンズクラブなどのボランティアの手によって行われた。駅北地区の整備工事に伴い、次の...

2両で来たぞ 新十津川 札沼線、通常ダイヤで増結
2018年10月10日 北海道新聞

 【新十津川】JR北海道は7日、札沼線終着駅の新十津川駅に乗り入れる列車を1両編成から2両編成にして運行し、駅は大勢の乗客や鉄道ファンらでにぎわった。JRによると2両編成が同駅を発着するのは観光列車で...

鵡川-様似の今後 JRの姿勢に疑問 日高線沿線7町長会議
2018年10月10日 北海道新聞

 【新ひだか】JR日高線鵡川―様似間を巡って町内で9日開かれた沿線7町の町長会議では、鵡川―日高門別間を鉄路で復旧させる案について、国の支援内容が見通せない中で議論を進めることに懐疑的な意見が出た。財...

北電へ賠償請求 コープが見送り 大停電、組合員から慎重意見
2018年10月10日 北海道新聞

 コープさっぽろ(札幌)は9日、胆振東部地震後の全域停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償について、北海道電力への請求を当面見送ることを明らかにした。6日に請求方針を示したものの、慎重な対応を求め...

鵡川―日高門別復旧 JRが地元負担要求 沿線7町長会議
2018年10月10日 北海道新聞

 【新ひだか】高波被害で不通が続くJR日高線鵡川―様似間の在り方を検討する沿線7町長会議が9日、日高管内新ひだか町で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、バス転換を求める一方、鵡川―日高門別間を...

門別まで復旧可能性
2018年10月10日 日高報知新聞

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が9日、町公民館で開かれた。鉄路の被害を受けていない鵡川―日高門別間の復旧について、日高町村会長の坂下一幸様似町長は「鵡川―様似間...

ツルハ、第一交通と妊婦ら支援 クーポンなど提供
2018年10月09日 日本経済新聞

ツルハホールディングス(HD)の中核子会社ツルハは出産・子育て支援を強化する。タクシー大手の第一交通産業と提携。ツルハドラッグのクーポン券や商品サンプルを、第一交通の妊婦などを対象とした配車サービ...

停電“人為的ミス確認できず”
2018年10月09日 NHK

北海道で起きた大規模な停電を検証する第三者委員会の2回目の会合が東京で開かれ、ブラックアウトから復旧までの時間が設備の不具合で2時間半程度、遅れたものの明らかな人為的ミスは確認できないという評価が出...

JR日高線の線区存廃問題で沿線首長がJRと協議
2018年10月09日 HTBニュース

 JRが単独では維持困難とする日高線の鵡川~様似間について、沿線自治体の町長らとJR側との話し合いが9日に行われました。  JR側はバス転換が望ましいというこれまでの主張を繰り返したうえで、鵡川~日高...

道南とっても“鉄”な旅話 原田伸一<13>悲劇の洞爺丸、追悼 犠牲教訓「安全と高速化」へ
2018年10月09日 北海道新聞

 9月26日は、洞爺丸など青函連絡船5隻が沈没し、1430人が犠牲となった「洞爺丸台風」の慰霊の日だった。遭難現場に近く、多数の遺体が漂着した北斗市七重浜の慰霊碑では同日、函館市仏教会による法要が行...

自動運転バス「快適」 上士幌 町民ら対象に試乗会
2018年10月09日 北海道新聞

 【上士幌】ICT(情報通信技術)を使った地方の課題の解決を目指すジャパン・イノベーション・チャレンジ実行委は7日、上士幌町役場敷地内で、自動運転バスを披露し、一般向けの試乗会を行った。今後、公道を走...

宮蘭フェリーダイヤ改編、八戸寄港第1便が出港【室蘭】
2018年10月09日 室蘭民報

川崎近海汽船(東京)は6日夜の室蘭発便から、宮蘭フェリーの新ダイヤの運航を開始した。台風25号の影響が危惧されたが室蘭―八戸は運航した。道内からの長距離航路が相次ぎ欠航となったこともあり、混雑した。苦...

新千歳、誘導路を複線化 冬季運航安定化へ、26年度までに2種類造成
2018年10月09日 苫小牧民報

 新千歳空港の冬季運航を安定させるため、北海道開発局は2018年度から、幅約60メートルの新たな誘導路を造成し、経路を複線化する。A、B両滑走路と既存の平行誘導路を南北両端付近で垂直に結ぶ「末端取り付...

JR比布駅に樹木希林さんを偲ぶ特設コーナー
2018年10月08日 HTBニュース

 JR比布駅に、先月亡くなった樹木希林さんを偲ぶコーナーが設置されました。直筆のサインや比布駅で撮影した写真などが飾られています。  駅舎には1年前に樹木希林さんがプライベートで比布駅を訪れた時の写...

コープさっぽろは北電に法的措置取らず 大規模停電での食品廃棄の損害 北海道胆振東部地震
2018年10月08日 hbcnews

先月の地震による大規模停電で食品の廃棄を余儀なくされたコープさっぽろ。 北電に対して損害の請求を検討していましたが、裁判では争わない考えを示しました。 8日午後4時すぎ、コープさっぽろがホームページに...

自動運転バス走る 車内は座席だけで運転席なし 実用化めざし試乗会 北海道上士幌町
2018年10月08日 hbcnews

国は、再来年のオリンピックまでに自動運転の実用化を目指していますが、十勝の上士幌町では、自動運転バスの試乗会が開かれました。 ワインレッドが鮮やかな電気バス。フランス製です。 車内に入ると、対面式の座...

美瑛町の「青い池」新駐車場と道路 12日に通り初め
2018年10月08日 北海道建設新聞

 美瑛町がことし5月から整備を進めてきた青い池へのアクセス道路となる町道美望ケ原ビルケ線と、新たな駐車場が12日から供用を開始する。当日午前11時からは関係者らを招いた記念式を新駐車場で開き、新たな観...

"ブラックアウト"で9億6000万円の損害 コープさっぽろ 北海道電力に賠償請求検討 北海道
2018年10月08日 UHB

 コープさっぽろは胆振東部地震による大規模停電ブラックアウトで約9億6000万円の損害を受けたとして北電に対する損害賠償請求を検討していることが分かりました。  コープさっぽろによりますと、ブラック...

コープさっぽろが北電に損害賠償請求を検討 大規模停電で食品廃棄 北海道胆振東部地震
2018年10月08日 hbcnews

先月の地震による大規模停電で食品の廃棄を余儀なくされたとして、コープさっぽろが北電に損害賠償の請求を検討していることがわかりました。 コープさっぽろによりますと、地震による大規模停電で保冷設備が止まり...

定山渓温泉で2000円クーポン付き宿泊プラン 土産店や飲食店で使用可能 札幌市南区
2018年10月08日 hbcnews

紅葉の季節に入り、地震からの復興に弾みを付けようと、札幌の定山渓温泉で2000円のクーポンがついた宿泊プランが始まりました。 「地震の影響で観光客が減少している定山渓温泉。起爆剤として発行するのがこち...

道内荒天、交通乱れる 厚真で一時避難勧告 温帯低気圧通過
2018年10月08日 北海道新聞

 台風25号は7日未明、日本海で温帯低気圧に変わり、北海道付近を通過した。道内は広い範囲で強い風雨となり函館市で男性が風にあおられて転倒し、軽傷を負った。胆振東部地震の被災地では住民が不安な一日を過ご...

コープ 北電に賠償請求へ
2018年10月08日 NHK

道内のスーパー大手、「コープさっぽろ」は、9月の大規模停電で9億円あまりの損害が生じたとして北海道電力に賠償を求める方針を決めました。 「コープさっぽろ」によりますと、9月の地震のあとの大規模な停電で...

旭川市長選 告示まで1カ月切る 現新一騎打ちの公算大
2018年10月08日 北海道新聞

 【旭川】任期満了に伴う旭川市長選(11月4日告示、11日投開票)は、告示まで1カ月を切った。これまで元衆院議員秘書の新人今津寛介氏(41)=自民、新党大地推薦=と、4選を目指す現職西川将人氏(49)...

ササラ電車、冬支度 札幌市電で整備
2018年10月08日 北海道新聞

 札幌市の路面電車(市電)の軌道を除雪する「ササラ電車」の整備が7日、札幌市中央区の市交通局電車事業所で始まった。  ササラは長さ約30センチの竹200本を1束にして作り、車両の前後に400束ずつ取り...

札幌市電のササラ電車が冬支度 線路の雪を除雪 去年の初出動は11月18日
2018年10月08日 hbcnews

冬の訪れを前に、7日、札幌では、市電の線路の除雪をする「ササラ電車」にササラを取り付ける作業が行われました。 札幌の路面電車は、線路に積もった雪をササラと呼ばれる竹のブラシを回転させて除雪します。 7...

「コープさっぽろ 北電に賠償請求へ」というメディア報道に関して
2018年10月08日 コープさっぽろ

10月7日(日)北海道新聞の朝刊1、2面に、『コープ、北電に賠償請求へ 大停電 9億6000万円損害』のタイトルで記事掲載後、同内容の各メディアによる報道がされております。 北電に賠償請求とあるも...

「停電で食品廃棄」コープ、北海道電力に賠償請求へ 損害9・6億円
2018年10月07日 産経新聞

 札幌市の生活協同組合「コープさっぽろ」が、北海道の地震による停電で食品廃棄を余儀なくされたとして、北海道電力に損害賠償を請求する方針を固めたことが7日、コープ幹部への取材で分かった。保冷設備の停止に...

温泉やスキー場の活性化も無料化で大幅な利用増 名寄・日進ピヤシリ線バスが好調
2018年10月07日 名寄新聞

【名寄】昨年4月から無料化した日進ピヤシリ線バスの利用が好調だ。日進エリアにあるバス停の乗降者を対象に運賃を無料化したもの。2017年度利用実績は1万4905人で、前年度比3188人の大幅な増に。なよ...

コープ賠償請求 同様の動き続出なら北電の経営に影響も
2018年10月07日 北海道新聞

 <解説>道内の代表的な小売業、コープさっぽろがブラックアウト(大規模停電)で生じた損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めたことで、同じく損害賠償を求める事業者が相次ぐかが注目される。同様のケース...

JR 午後24本運休へ
2018年10月07日 NHK

7日午前中、運休が相次いだJRは、午後も、特急14本を含む、あわせて24本の列車の運休を決めています。 7日午後、運休となる特急は、午後0時16分に、それぞれ札幌と函館を出発する「スーパー北斗」の1...

ササラ電車の準備始まる
2018年10月07日 NHK

札幌の冬の訪れを前に路面電車の線路に積もった雪を竹のブラシで掃き飛ばす「ササラ電車」の準備が始まりました。 「ササラ電車」は「ササラ」と呼ばれる竹のブラシを付けた路面電車専用の除雪車で、大正時代から...

「生産空間」の医療充実へ 「命の道」高規格道整備を 平岡祥孝
2018年10月07日 北海道新聞

 第8期北海道総合開発計画(2016~25年度)では、「食」と「観光」が戦略的産業として位置付けられている。当該戦略的産業の活動の場である生産空間を持続的に発展させていくことが、北海道にとって重要な政...

コープ、北電に賠償請求へ 停電で9億6000万円損害
2018年10月07日 北海道新聞

 コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9...

<9.6胆振東部地震 その時企業は>エアプサン札幌支店 韓国客 続くキャンセル LCC路線維持へ 道内営業強化
2018年10月07日 北海道新聞

 胆振管内厚真町で震度5弱を観測した5日朝。新千歳空港内のエアプサン札幌支店に向かう通勤途中で、水口真一支店長(45)は「またか」とやりきれない思いだった。  胆振東部地震から1カ月近くたっても余震は...

未来の乗り心地 自動運転バス試乗【上士幌】
2018年10月07日 十勝毎日新聞

自動運転バスの一般向けの試乗会が7日午前、町役場敷地内で開かれた。運転席やハンドルのない電気バスに乗りながら、最先端技術の乗り心地を体感した。 AI(人工知能)などをテーマにした町の生涯学習講座「かみ...

ササラ電車 準備始まる
2018年10月07日 STV

札幌では市電のレールを除雪するササラ電車の準備が行われました。 ササラは竹を加工して作られたブラシで、電車の先頭に取り付けて回転させ、市電のレールに降り積もった雪や氷を取り除きます。札幌の市電では4台...

コープさっぽろ「全道停電は人災」、北電に9億6千万円損害賠償請求
2018年10月07日 リアルエコノミー

コープさっぽろ(本部・札幌市西区)は、北海道胆振東部地震により発生した全道停電は北海道電力による人災だと判断、北電に冷凍商品の廃棄分など約9億6000万円の損害賠償請求をする。(写真は、札幌市中央...
●indexへ戻る●  ●TOPへ戻る●