北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。
媒体名は各記事へのリンクになっていますが、リンク先が掲載期間終了などで無くなっている場合、また、有料記事などで閲覧できない場合があります。
記事全文公開は終了しました。各媒体でご確認ください。
検索入力: 以降 まで
かな・漢字対応(スペースで複数項目)

204件見つかりました

タイムズ24、JR「新函館北斗」駅でカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を4月26日より開始、北海道新幹線の停車駅には初出店 北海道北斗市
2019年04月19日 遊都総研

タイムズ24株式会社(東京都千代田区、西川光一社長)は、JR北海道新幹線・函館本線「新函館北斗」駅(北海道北斗市)でカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を4月26日より開始する。 「タイム...

経営難のJR北海道が「貨客混載」を開始 荷物は駅からタクシーなどで配送
2019年04月19日 毎日新聞

 利用者減少が続くJR北海道が、宗谷線稚内―幌延間(60キロ)で、佐川急便の宅配荷物を輸送する事業を18日から始めた。駅からタクシーなどで各戸に配送する仕組みで、運転手不足の佐川にも利点がある。国土...

道の駅や役場などを物流拠点に 開発局が検討
2019年04月19日 北海道建設新聞

 北海道開発局は、農山漁村地域で道の駅など公共施設を拠点として商品を配送する物流システムの構築を検討している。過疎化・高齢化が進む名寄周辺モデル地域を主とする道内3地区を対象に、地域の物流動態や人員・...

JR支援 負担軽減協議 8区間維持へ道が新会議
2019年04月19日 北海道新聞

 道は18日、JRの単独維持困難路線のうち存続を目指す宗谷線(名寄―稚内)など8区間について、持続的に維持していく仕組みを検討する新たな会議を設置し、19日に初会合を開くと発表した。JRは8区間の維持...

大型荷物預かり JR札幌駅で実験 22日から
2019年04月19日 北海道新聞

 JR北海道は22日から、今までより大きな物も預けられる荷物預かりサービスの実証実験をJR札幌駅北口で始める。通常のコインロッカーに入りきらない大型のスーツケースを持ち運ぶ外国人観光客の増加に対応する...

稚内―幌延間で「貨客混載」スタート
2019年04月19日 北海道新聞

 【稚内、幌延】JR北海道と佐川急便が連携し、JR宗谷線の稚内―幌延間の列車で宅配便の荷物を運ぶ貨客混載事業が18日にスタートした。幌延駅からは地元の天塩ハイヤーが荷物配送に当たった。国土交通省による...

JRの8区間利用促進行動計画 HPに詳細版公開
2019年04月19日 北海道新聞

 JR北海道は18日、JRが「単独では維持困難」とする10路線13区間のうち、地元負担を前提に鉄路を維持する方針の釧網線(東釧路―網走)など8区間の利用促進策などを沿線自治体とまとめた「アクションプラ...

コラムいずみ 南樽(なんたる)駅
2019年04月19日 北海道新聞

 先月、新聞で「南小樽駅バリアフリー化」の記事を目にし、40年ほど前の父の姿とつえの音がモノクロフィルムのようによみがえってきた。  数年前、大学から小樽を離れて内地で暮らす兄が、久々に実家に戻った時...

枕木燃え普通列車2本遅れる 道南いさりび鉄道
2019年04月19日 北海道新聞

 【北斗】18日午後8時10分ごろ、北斗市柳沢の道南いさりび鉄道上磯―茂辺地間で、運行中の函館発木古内行き普通列車(1両編成)の運転士が、遮断機のない踏切内で線路の枕木が燃えているのを発見し、北斗消防...

北海道)乗客と荷物 一緒にGO!!
2019年04月19日 朝日新聞

 JR北海道は18日、宅配大手・佐川急便(京都市)、タクシー会社・天塩ハイヤー(幌延町)の両社と連携し、宗谷線稚内―幌延間を走る普通列車で荷物を運ぶ「貨客混載」事業を始めた。国土交通省によると、鉄道会...

新千歳滑走路、6~11月に夜間閉鎖 民間機は空自滑走路使用
2019年04月18日 北海道新聞

 【千歳】市は18日の市議会総務文教委員会で、新千歳空港の滑走路2本が補修のため6月中旬から11月末まで夜間閉鎖されると明らかにした。閉鎖時間帯の民間機の離着陸は、隣接する航空自衛隊千歳飛行場の東側滑...

安平町に鉄道資料館併設の道の駅
2019年04月18日 NHK

鉄道の町として栄えた安平町の追分地区に、鉄道資料館を併設した道の駅が完成し、記念の式典が開かれました。 道の駅は、安平町が追分柏が丘の国道234号線沿いに総工費9億9千万円をかけて建設しました。 こ...

道の駅 D51ステーション 19日開業
2019年04月18日 HTBニュース

 安平町に新しい道の駅「あびらD51ステーション」が誕生します。道内では124番目の道の駅となります。  19日のオープンに先立ち、18日に開業記念式典がおこなわれました。道東道の追分町インターチェン...

新千歳―豪州便復活 カンタス、12月からシドニー季節運航
2019年04月18日 北海道新聞

 オーストラリアの航空大手カンタス航空は18日、今年12月に新千歳―シドニー線に就航すると発表した。12月16日から2020年3月28日までの季節運航で週3往復する。オーストラリアではニセコなど道内ス...

道の駅「あびらD51ステーション」19日オープン 復興のシンボル SL展示は6月予定 北海道安平町
2019年04月18日 hbcnews

北海道安平町で、新しい道の駅が19日にオープンするのを前に、18日、記念式典が開かれました。 安平町にオープンするのは、道の駅「あびらD51ステーション」です。 安平町は日本で最後にSL、D51が走...

宅配便をJR旅客列車で…“貨客混載”本格始動 人と物を同時に運ぶ 北海道
2019年04月18日 hbcnews

宅配便の荷物をJRの旅客列車で運ぶ「貨客混載」が本格的に始まりました。 稚内駅でJRの列車に運び込まれた大きな箱。 幌延町で一日に配達する荷物を一つにまとめた専用ボックスです。 18日から、JR宗谷線...

「貨客混載」開始 稚内で出発式
2019年04月18日 NHK

乗客と荷物を同時に運ぶ「貨客混載」の取り組みが、宅配会社とJR、それにタクシー会社の3者が連携して18日から始まり、稚内駅で出発式が行われました。 貨客混載の取り組みを始めたのは、▼宅配大手の佐川急...

物流×JR×タクシーで 全国初の「貨客混載」
2019年04月18日 HTBニュース

 物流大手の佐川急便の荷物を、JR宗谷線の旅客列車やタクシーで運ぶ、「貨客混載」の輸送がきょうから始まりました。  この事業では、稚内駅で旅客列車に積み込んだ佐川急便の荷物を幌延駅まで運び、幌延町内の...

いさ鉄車内で令和迎えよう 札幌の旅行会社がツアー企画
2019年04月18日 函館新聞

いさ鉄車内で新元号「令和」を迎えませんか―。北海道オプショナルツアーズ(札幌)は4月30日から5月1日にかけ、道南いさりび鉄道の車内で新元号を迎えるユニークな企画を催行する。函館発着の約10時間のツア...

JR北海道 大型除雪機械をラッセル気動車に改造、来冬から運用
2019年04月18日 交通新聞

 JR北海道は、老朽化した除雪装置付きのDE15形ディーゼル機関車の代替として導入、試験運用を行ってきた大型除雪機械をラッセル気動車に改造する。車両化することでスピードアップも図れ、より広範囲での運用...

昨年度利礼航路の旅客は41万8186人 3年ぶり前年度下回る
2019年04月18日 稚内プレス

ハートランドフェリー稚内支店は、昨年度の利礼航路利用実績をまとめた。 旅客は3年ぶりに前年度を下回り3万2214人少ない41万8186人。 旅客は上り16万1620人(前年度対比5・9%減)下り15万...

貨客混載スタート 宗谷線の稚内~幌延間 佐川急便とJR北実施
2019年04月18日 稚内プレス

佐川急便とJR北海道が稚内~幌延間の普通列車で宅配物を運ぶ貨客混載事業が18日からスタートした。道内初の取り組みで初便では41個の荷物を幌延町まで運んだ。 この事業はドライバー不足に悩む佐川急便と、旅...

モンキー・パンチさんに感謝と哀悼/浜中町
2019年04月18日 釧路新聞

11日に亡くなったモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんは、晩年までふるさとの浜中町に深い愛情を注いだ。町の活性化のために「ルパン三世」のキャラクター使用を特別に認めるよう尽力、車椅子姿で2017年ま...

北見の公園でSLの冬囲い外し
2019年04月17日 NHK

本格的な春を迎え、北見市の公園では、展示されている蒸気機関車を覆っていた防水シートが取り外され、およそ5か月ぶりに機関車が姿を現しました。 北見市の石北大通公園には、かつて石北線などで活躍し「デゴイ...

「北海道ふっこう割」道外の認知度3割に届かず
2019年04月17日 北海道建設新聞

 インテージ(本社・東京)札幌事業所は「北海道ふっこう割」の効果と「札幌大通公園で行われる大型イベント」に関する調査結果をまとめた。北海道ふっこう割の道外での認知度は3割未満。利用のハードルとなったの...

ファイターズ新球場の交通アクセス計画判明 新駅まで約200mの大規模通路も 北海道北広島市
2019年04月17日 hbcnews

2023年に北広島で開業予定のファイターズの新球場について、新しい駅の構造など交通アクセスの全体像が明らかになりました。 ファイターズの新球場をめぐっては、最大で3万5000人となる観客をどう運ぶかが...

青函トンネル一部で「圏外」解消
2019年04月17日 NHK

携帯電話がつながらない区間が多い北海道新幹線のうち、青函トンネルの一部の区間で、17日から「圏外」の状態が解消されました。 北海道新幹線は全区間の65%がトンネルで、携帯電話の電波が届かず「圏外」が...

どう残す?JR花咲線
2019年04月16日 NHK

釧路と根室を結ぶ花咲線。沿線の豊富な海産物や絶景を誇る路線ですが、深刻な赤字が問題になっています。 地元の根室市は路線存続への対策として観光への取り組みを進めています。 無理なく鉄道の存続をはかり、...

道南とっても“鉄”な旅話 原田伸一<25>「速さ」「安さ」を存分に 新幹線周辺をプチ旅行
2019年04月16日 北海道新聞

 3月16日のJR各社のダイヤ改正で、北海道新幹線新函館北斗と東京の間の最速列車3本の所要時間が、従来の4時間2分から3時間58分に短縮された。一方で、格安切符を使って新幹線周辺のプチ旅を楽しむのも根...

安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業
2019年04月16日 北海道建設新聞

 安平町が追分地区で建設を進めてきた道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が19日、開業する。道内では124駅目で、国道234号沿線では初。町の鉄道遺産であるD51などを活用し、魅力を町外に広...

大型連休のJR予約数 6割増
2019年04月16日 NHK

「10連休効果」でことしの大型連休期間中の北海道新幹線や在来線の特急列車の予約数は去年の同じ期間と比べて約6割多くなっています。 JR北海道は10連休前日の今月26日から来月6日までの北海道新幹線と...

知内デマンドバス 函館バス、市電のICカード導入
2019年04月16日 北海道新聞

 【知内】渡島管内知内町は、5月28日に運行を始める予約制の「デマンドバス」に、函館バス(函館)などが導入しているICカード乗車券「ICAS nimoca(イカすニモカ)」が利用できるよう専用機器を設...

じょうてつバス乗り放題と温泉入浴券セット
2019年04月16日 北海道新聞

 じょうてつ(札幌)は、じょうてつバスの1日乗り放題きっぷと札幌市南区の定山渓、小金湯、豊平峡の各温泉入浴券がセットになった「温泉日帰りパック」の販売を始めた。中学生以上2千円、6歳以上小学生以下千円...

雷で道央停電 16日も道東など大気不安定
2019年04月16日 北海道新聞

 道内は15日、前線を伴う低気圧が通過した影響で広い範囲で雨が降り、札幌などで雷が発生した。札幌管区気象台は16日も道東を中心に大気が不安定な状態が続くとし、融雪による低い土地の浸水や土砂災害に注意を...

妹背牛町と連携、コープさっぽろが買い物環境維持で新展開 
2019年04月16日 リアルエコノミー

 コープさっぽろ(本部・札幌市西区)は、雨竜郡妹背牛町、妹背牛商工会と連携して地域の買い物環境を維持する取り組みを開始する。25日から町内の個人商店「フレッシュマートしんたに」の仕入れ機能を代行、...

小樽の「あまとう」札幌撤退、15日で「札幌駅北口店」閉店
2019年04月16日 リアルエコノミー

 小樽の老舗洋菓子店「あまとう」は、JR札幌駅東コンコース北側にある「あまとうby kiosk札幌駅北口店」を15日(月)で閉店した。札幌駅北口にはなくてはならないお店として親しまれていたが、20...

佐川急便とJR北の貨客混載が物効法認定受ける
2019年04月16日 Logistics Today

国内国土交通省は16日、JR宗谷線稚内駅から幌延駅まで旅客列車に宅配貨物を積み込む佐川急便とJR北海道の貨客混載事業について、総合効率化計画を物流総合効率化法(物効法)に基づき認定した。一部既報。 佐...

地元住民の買い物環境を維持 地域スーパーの仕入れを代行 北海道妹背牛町
2019年04月16日 STV

コープさっぽろが空知の妹背牛町にあるスーパーマーケットの仕入れを代行する取り組みを始めることを発表しました。 コープさっぽろが仕入れを代行するのは妹背牛町で唯一のスーパー「フレッシュマートしんたに」で...

新千歳構内の道路アンダーパス化 22日から暫定供用
2019年04月15日 北海道新聞

 【千歳、苫小牧】札幌開建は15日、新千歳空港構内の道路の一部をアンダーパス化し、22日から暫定的に片側1車線で供用を始めると発表した。  アンダーパス化したのは千歳市のJR南千歳駅付近と苫小牧市美沢...

新十津川駅に特産品販売所 札沼線グッズや日本酒も 27日オープン
2019年04月15日 北海道新聞

 【新十津川】2020年5月7日に一部廃止されるJR札沼線の終点・新十津川駅(空知管内新十津川町)で、町観光協会は27日から常設の特産品販売所「新十津川駅市」を開く。廃線までに大勢訪れる観光客らに町の...

不具合で快速エアポートなど2本運休
2019年04月15日 北海道新聞

 15日午後6時ごろ、北広島市のJR千歳線北広島駅構内で、新千歳空港発札幌行きの快速エアポート(6両編成)に、運転席のワイパーが動かなくなる不具合が発生した。札幌駅まで走行後、点検したが不具合は解消せ...

道内企業の景況感上昇、観光回復で1年3カ月ぶり水準
2019年04月15日 日本経済新聞

北洋銀行がまとめた2019年1~3月期の北海道内の企業の経営動向調査によると、全産業の利益判断指数(DI)はマイナス11だった。前期(18年10~12月期)から4ポイント上昇と2期ぶりに改善し、1...

ベストウェスタンホテルフィーノ札幌 20年夏に開業
2019年04月15日 北海道建設新聞

 アルファコート(札幌市中央区南1条西7丁目1の3、川村裕二社長)が近く着工する仮称・南1西6ホテルは、価値開発(本社・東京)のグループ会社であるフィーノホテルズ(同)が運営者となる。札幌市内2店舗目...

車両不具合 いしかりライナー2本運休
2019年04月15日 北海道新聞

 15日午前11時20分ごろ、札幌市中央区北11西15のJR函館線の桑園駅構内で、千歳発手稲行き普通列車(3両編成)のブレーキを制御する空気圧表示モニターに不具合が発生した。列車はそのまま手稲駅まで運...

出版物をセコマ物流網で店舗に 専用車以外での出版物コンビニ配送は全国初 北海道
2019年04月15日 hbcnews

コンビニエンストアのセイコーマートを展開するセコマは、店舗で販売する出版物を自社の物流網で配送する全国初の取り組みを15日から始めました。 セコマグループの配送車が商品と一緒に店舗に運んだのは、従来、...

衰退著しい函館駅前、なぜかホテル建設ラッシュ
2019年04月15日 読売新聞

 北海道内有数の観光地函館で、JR函館駅周辺を中心に、地方都市では珍しいホテルの建設ラッシュが起きている。夏の客室不足の緩和が期待される反面、業者からはオフシーズンの値引き合戦を危惧する声が出...

釧路などで震度3
2019年04月15日 北海道新聞

 15日午前5時28分ごろ、釧路市などで震度3の地震があった。気象庁によると、震源地は釧路沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・2と推定される。この地震の影響で、JR北海道...

幸福駅で願かけて 切符形「願札」とハートの「結札」登場【帯広】
2019年04月15日 十勝毎日新聞

帯広市の幸福駅でカフェを運営するカンナ・カンナ(三浦直美代表)は21日から、地域の木材を活用した木札「幸福願札(ねがいふだ)」と「幸福結札(むすびふだ)」を提供する。生産活動を通じて発達障害や引きこも...

全国初 北海道内大手コンビニが自社物流網で各店舗へ本を配送
2019年04月15日 STV

北海道内大手のコンビニエンスストアが各店舗への本の配送を始めました。出版業界専用の物流網以外を使用した本の共同配送は全国初の試みです。 きょうから本の共同配送を始めたのはコンビニエンスストアチェーンの...

新幹線、全トンネルで携帯OKへ 東北・北海道・秋田
2019年04月14日 朝日新聞

 新幹線のトンネル内での携帯電話利用に向け、総務省東北総合通信局が対策工事への補助金交付を決めた。これで2020年度には東北・北海道新幹線(東京―新函館北斗間)と秋田新幹線(盛岡―秋田間)の全トンネル...

ラストランへ向け新十津川PR 駅前に特産品販売所 27日開設
2019年04月13日 北海道新聞

 【新十津川】2020年5月7日に廃止されるJR札沼線の終点・新十津川駅(空知管内新十津川町)で、町観光協会は27日から常設の特産品販売所「新十津川駅市」を開く。廃線までに大勢訪れる観光客らに町の魅力...

JR留萌線 線路冠水で列車運休
2019年04月13日 北海道新聞

 【沼田、留萌】13日午後4時ごろ、JR留萌線恵比島(空知管内沼田町)―峠下(留萌市)間の恵比寿トンネル内で、雪解け水で線路が冠水しているのを巡回中のJR北海道の保線社員が発見した。同社は点検などのた...

雪どけで線路冠水 14本運休
2019年04月13日 NHK

13日午後、JR留萌線のトンネルで雪どけによって線路が冠水しているのが見つかりJR北海道は、13日と14日に計14本の列車を運休します。 JR北海道によりますと、13日午後4時ごろ、留萌線の沼田町の...

白糠で野火 特急など2本に遅れ、2本運休
2019年04月13日 北海道新聞

 【白糠】13日午後1時45分ごろ、釧路管内白糠町和天別、JR根室線脇の草地から火が出ているのを近くの住民が見つけ、119番した。釧路市消防本部によると、草地約6ヘクタールを焼いた。けが人はいなかった...

JR苗穂駅前再開発 起工式
2019年04月13日 hbcnews

札幌のJR苗穂駅前の再開発で建設される分譲マンションの起工式が行われました。 再開発が行われるのは中央区北3条東11丁目を中心としたおよそ2万5000平方メートルで去年11月に新しくなったJR苗穂駅の...

大気乾燥し道内各地で野火 JRに運休の影響も
2019年04月13日 HTBニュース

 札幌市西区で河川敷が燃える火事がありました。空気が乾燥し、道内各地で野火が発生しています。  13日午前11時半頃、札幌市西区琴似4条3丁目の琴似発寒川で「河川敷が燃えている」と通行人から通報があり...

JR苗穂駅周辺 再開発で起工式
2019年04月13日 NHK

札幌市のJR苗穂駅周辺で行われる再開発事業で、マンションなど新たな施設の建設工事が本格的に始まることになり、13日、現地で起工式が行われました。 札幌市のJR苗穂駅の周辺では、札幌駅の近くという好立...

道内航空網の拡大、経済団体が再提言
2019年04月13日 北海道新聞

 道経連、北海道商工会議所連合会、北海道経済同友会、道観光機構の経済4団体は12日、国などに対する「道内7空港の一括民営委託に関する提言・要望書」を公表した。民営化対象外の丘珠、紋別など6空港を含む道...

JR経営計画、一定評価 国交相 共用走行は「調整必要」
2019年04月13日 北海道新聞

 石井啓一国土交通相は12日の衆院国交委員会で、JR北海道が9日に公表した長期経営ビジョン(2019~31年度)について「現時点で想定されるさまざまな増収策、コスト削減策が盛り込まれている」と一定の評...

JRなど道内3社参加 消費増税ポイント還元事業者
2019年04月13日 北海道新聞

 経済産業省は12日、10月に予定する消費増税に伴うキャッシュレス決済時のポイント還元を行うクレジットカード会社など決済事業者116社を発表した。道内からはJR北海道(札幌)、ジャックス(東京、登記上...

道新幹線予約率13ポイント増 GW期間、前年比 「10連休効果」顕著
2019年04月13日 北海道新聞

 JR北海道は12日、ゴールデンウイークの10連休(27日から5月6日まで)の列車の指定席の予約状況をまとめた。4月11日現在で、北海道新幹線の予約率は34・9%と前年同期を13・1ポイント上回り「1...

苗穂駅南の再開発始動 マンション3棟13日起工式 空中通路で駅直結 商業施設も
2019年04月13日 北海道新聞

 JR苗穂駅(札幌市中央区北3東11)南口周辺の再開発が本格化する。「歩いて暮らせる町」をコンセプトに、建設する3棟のマンションと駅が空中通路でつながり、駅の南北も線路をまたがる連絡橋経由で移動が可能...

宮蘭航路で部品輸送 アイシン東北など初の実証実験
2019年04月13日 北海道新聞

 自動車部品製造のアイシン東北(岩手県金ケ崎町)など民間企業2社と岩手県は3月中旬、室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ定期フェリー航路(宮蘭航路)や、自動車専用道を利用して自動車部品を輸送する初の実証実験を行...

バス利用増へ新事業 千歳の市民団体、市と協働
2019年04月13日 苫小牧民報

 千歳市内の路線バス利用を活性化しようと、市民団体が2019年度から新たな取り組みを始める。「みんなで守ろう路線バス事業」と題し、市との協働事業として学生向けの時刻表を作成するほか、路線や乗り方を知っ...

深川機関区OB会が解散総会 会員ら往時を懐かしむ
2019年04月13日 北空知新聞

旧国鉄深川機関区の退職者でつくる「深川機関区OB会」(高桑幸雄会長)は10日、市内のプラザ冨士屋で解散総会を開いた。最後の総会には、会員ら30人が出席し、解散を惜しみつつ、酒を酌み交わしながら、往時...

北海道新幹線「10連休」追い風、GW予約率13ポイント増
2019年04月12日 日本経済新聞

JR北海道は12日、ゴールデンウイーク(4月26日~5月6日)の指定席予約状況(11日現在)を発表した。北海道新幹線の予約率は前年同期比13ポイント増の35%だった。予約のピークは新函館北斗方面が4月...

日銀釧路の短観 観光業が回復
2019年04月12日 NHK

日銀釧路支店が発表した短観=企業短期経済観測調査で、釧路・根室・十勝地方の企業の景気判断は、観光関連の業種の景況感が大幅に回復したことから前回の調査より1ポイント上回りました。 今回の短観は、釧路・...

東京・札幌4時間半なら乗客3倍
2019年04月12日 NHK

JR北海道は、2030年度に札幌まで延伸する北海道新幹線について、東京・札幌間を4時間半で結ぶ高速化が実現すれば、乗客数が3倍に増えると試算していることがわかりました。 北海道新幹線は開業から3年が...

函館山登山道 開通前にゴミ拾い
2019年04月12日 NHK

冬の間、通行止めになっている函館山の登山道が来週月曜日に開通するのを前に、地元の幼稚園児や市民らがゴミ拾いを行いました。 函館市の観光名所、函館山では冬の間、バスや車の通行が規制されていますが、本格...

10連休へ観光客受け入れ準備
2019年04月12日 NHK

皇位継承に伴って10連休となる今月27日から始まる大型連休に向けて、道内では、観光客の受け入れ準備が急ピッチで進められています。 新千歳空港近くにある千歳市のレンタカー店では、予約のハイシーズンは夏...

佐川急便とJR北海道、宗谷線「稚内」~「幌延」間で貨客混載事業を4月18日より開始 北海道稚内市
2019年04月12日 遊都総研

佐川急便株式会社(京都市南区、本村正秀社長)と北海道旅客鉄道株式会社(札幌市中央区、島田修社長)は、荷物を旅客列車で輸送する貨客混載事業を4月18日より開始する。 佐川急便では、北海道内の集配効率...

本州への生乳運搬量10年で最多
2019年04月12日 NHK

本州の生乳の生産量が酪農家の後継者不足などで減少する中、昨年度、道内から本州に運ばれた生乳は20万トンと、この10年で最も多くなりました。 北海道は生乳の生産量が全国のおよそ半分を占めていて、ホクレ...

JRと佐川急便、18日から宗谷線で貨客混載 天塩ハイヤーも連携
2019年04月12日 北海道新聞

 JR北海道と佐川急便は11日、宅配便の荷物を列車で運ぶ貨客混載事業を今月18日から始めると発表した。佐川急便の荷物を1日1往復(平日のみ)JR宗谷線の稚内―幌延間(60キロ)の普通列車に積み込んで運...

JR鉄道収入、1.6%減735億円 台風や地震の運休響く 18年度
2019年04月12日 北海道新聞

 JR北海道が11日発表した2018年度の鉄道運輸収入(速報値)は、前年度比1・6%減の735億5700万円だった。昨年9月に発生した台風や胆振東部地震による運休が響き、4年ぶりに前年度実績を下回った...

深川機関区OB会が解散 会員高齢化、最盛期から半減 SLとの苦楽懐かしむ
2019年04月12日 北海道新聞

 【深川】旧国鉄の機関士らでつくる深川機関区OB会(高桑幸雄会長)が会員の高齢化を理由に解散した。10日に市内で最後の総会と解散式が開かれ、会員ら30人が参加。SLに乗務し苦楽を共にした日々を振り返る...

鉄道変遷、撮って半世紀 小樽の星さん、市博物館に1万点寄贈 SLもエアポートも 平成の20点、6月まで展示
2019年04月12日 北海道新聞

星コレクションの一端を伝える運河館のミニ展示  小樽市在住の鉄道史研究家、星良助さん(84)が半世紀かけて撮りためた鉄道写真約1万点を市総合博物館に寄贈した。蒸気機関車(SL)が石炭産業などを支えた昭...

大沼、春へ発進 遊覧船運航開始
2019年04月12日 北海道新聞

 【大沼公園】大沼合同遊船が11日、遊覧船の運航を始めた。観光客たちが早速、船に乗り込み、雪が残る駒ケ岳など雄大な大沼の自然を楽しんだ。  同社によると、遊覧船の利用者は北海道新幹線が開業した2016...

流氷観光船、今冬大入り 網走おーろら、今年も10万人超 紋別ガリンコ号、3万人台回復
2019年04月12日 北海道新聞

 【網走、紋別】オホーツク海の流氷砕氷観光船が今季の運航を終えた。乗客数は網走の「おーろら」が2年連続で10万人を突破、紋別の「ガリンコ号2」は2年ぶりに3万人台を回復と、ともに好調だった。流氷が昨年...

北海道庁、災害時の観光客支援を強化 サポートステーション設置
2019年04月12日 観光経済新聞

 北海道庁は昨年9月の胆振東部地震を踏まえ、災害時の外国人観光客らに対する情報発信の強化や移動、避難を支援する体制整備に力を入れている。  1月に多言語で情報発信を行うツイッター「北海道観光局」を開...

6月のフェリー1周年に合わせ室蘭で宮古物産展実施へ【室蘭】
2019年04月12日 室蘭民報

岩手県宮古市との交流実行委員会(会長・石田仁室蘭観光協会専務)の2019年度総会が11日、室蘭市内で開かれた。宮蘭フェリー就航1周年記念「宮古市物産展」を就航日の6月22、23両日に実施する。室蘭商...

札幌・狸小路に貨物列車コンテナ使った新施設 まちのにぎわい創出に一役
2019年04月12日 札幌経済新聞

 狸小路商店街振興組合が4月11日、狸小路3丁目エリアに期間限定の新施設「deve★so(でべそ)」をオープンした。  新施設は、貨物列車のコンテナを改造した販売コンテナとキッチンカーで構成する。コン...

北大の岸邦宏准教授「交通網維持へ全道の気運醸成を」
2019年04月11日 日本経済新聞

北海道の地域公共交通の議論でこれから最も重要になってくるのは、知事が先頭に立って地域に入り込んで議論することだ。新知事に就任する鈴木直道氏(38)は地域と積極的に関わっていくべきだ。費用面の解決と...

JR北など3社、貨客混載で連携 道北で事業化
2019年04月11日 日本経済新聞

JR北海道と佐川急便は11日、宅配物を旅客列車で運ぶ貨客混載事業を道北部で始めると発表した。各家庭への配送は佐川から委託を受けた天塩ハイヤー(幌延町)が担う。JR旅客会社が宅配物輸送を事業化するの...

狸小路商店街に鉄道コンテナ店舗
2019年04月11日 NHK

札幌市の「狸小路商店街」に鉄道コンテナを使った珍しい店舗がお目見えし、さっそく観光客らの注目を集めていました。 狸小路商店街にオープンしたのは、貨物列車のコンテナを使った果物店と鉄板焼きの専門店で、...

佐川急便、JR北海道/稚内駅~幌延駅間で旅客列車による貨客混載輸送開始
2019年04月11日 ロジスティクス・パートナー

佐川急便と北海道旅客鉄道(JR北海道)は4月11日、荷物を旅客列車で輸送する貨客混載事業を4月18日から開始すると発表した。 宗谷線稚内駅~幌延駅間の片道60km区間で平日の輸送列車を活用し、稚内駅か...

青函トンネル一部で通話・通信可能に 約23km区間で17日から トンネル全体は年内にも JR北海道
2019年04月11日 hbcnews

JR北海道は、17日から青函トンネルの一部でスマートフォンや携帯電話での通話や通信ができるようになると発表しました。 通信が可能になるのは、青函トンネルの中央部分にあたる竜飛定点と吉岡定点の間のおよそ...

鈴木次期道知事に当選証書 「身引き締まる思い」
2019年04月11日 北海道新聞

 7日投開票の道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は11日、道庁赤れんが庁舎で、道選管の水城義幸委員長から当選証書を受け取った。  鈴木氏は記者団に「ずしりと重い当選証書をいただいた。身...

<チェンジ 新知事選択 道内政治の行方>下 公明・大地・共産 連動効果 損得は複雑
2019年04月11日 北海道新聞

 道知事選投開票日の7日午後10時―。2時間前に勝利宣言を行ったばかりの前夕張市長の鈴木直道氏(38)は、テレビや新聞各社のインタビューの合間を縫い、札幌都心の事務所から片道30分かけて、厚別区の創価...

運送会社の9割が“運賃改善”
2019年04月11日 NHK

トラックドライバーの待遇を改善しようとこの2年間、荷主に対し運賃の値上げを求めた道内の運送会社の9割が「交渉で値上げができた」と回答していることが業界団体が行った調査で明らかになりました。 適正な運...

札幌―せたな・今金 都市間バス運行休止
2019年04月11日 北海道新聞

 【せたな、今金】北都交通(札幌)は札幌と、檜山管内せたな、今金の両町を結ぶ都市間バスの今季の運行休止を決めた。これに伴い、両町と札幌を直接結ぶ公共交通機関はなくなる。  同路線は5~10月と年末年始...

社説)JRの路線問題 知事の姿勢が鍵を握る
2019年04月11日 北海道新聞

 経営難で路線見直しを進めるJR北海道が、国に策定を求められていた2031年度までの長期経営ビジョンなどを公表した。  21年度から10年間、毎年280億円の公的支援を仰ぎ、31年度の「経営自立」を目...

JR北海道利用促進策 効果に不安の声 「自治体に任せ切りなら無責任」
2019年04月11日 北海道新聞

 JR北海道が9日に公表した、地元負担を前提に鉄路を維持する方針の道内8路線の利用促進策「アクションプラン(行動計画)」のうち、上川管内を走る石北、宗谷、富良野、根室の4路線では、観光列車の活用、駅前...

JR中長期計画 自民PTに説明
2019年04月11日 北海道新聞

 自民党のJR北海道対策プロジェクトチーム(PT)は10日、東京都内で会合を開いた。JR北海道の島田修社長が9日に公表した中期経営計画や長期経営ビジョンなどを説明した。  会合は非公開。道内議員から「...

北海道)青函トンネル最深部、17日から携帯「圏内」に
2019年04月11日 朝日新聞

 北海道新幹線の青函トンネル(全長53・9キロ)のうち、約4割の区間で17日から携帯電話が通じるようになる。JR北海道は利用客を増やそうと、今年中にトンネルの全区間で「圏外」の解消をめざしている。  ...

新たな交通体系形成へ 今年度、計画策定に着手-苫小牧市
2019年04月11日 苫小牧民報

 苫小牧市は、将来にわたって市民の足を守るため、2019年度から「地域公共交通網形成計画」の策定作業に着手する。利用者の減少や赤字路線の拡大、運転手不足など路線バスを中心とした公共交通の課題を踏まえ...

札幌市長、JRの長期ビジョンに「実現可能性あるか分からない」
2019年04月10日 北海道新聞

 札幌市の秋元克広市長は10日、再選後初の記者会見で、JR北海道が公表した「自立経営」を実現する長期経営ビジョンに札幌市など所有の土地の再開発による増収を含んでいることに関し、「中身が詰まっていない段...

北海道観光振興機構の堰八義博会長「観光税の導入を」
2019年04月10日 日本経済新聞

北海道をさらに発展させるには「食と観光」路線を一層進める必要がある。高橋はるみ知事が進めた路線は正しかったが、道財政が厳しいのも現実。ここは観光目的税の導入を議論する段階に来ているのではないか。若...

青函連絡船の歴史を次代に 青森で社団法人設立
2019年04月10日 日本経済新聞

青森市で1日、一般社団法人「進め青函連絡船」が発足した。青森市の劇団「渡辺源四郎商店」店主で青森県立青森中央高校教員の畑沢聖悟さんらが中心となり、青森商工会議所の若井敬一郎会頭ら約30人の呼びかけ...

青函トンネル中心部、17日から通信可能に
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道は10日、北海道新幹線(新青森―新函館北斗)が走る青函トンネル内の一部でスマートフォンや携帯電話の通話・通信が、17日から可能になると発表した。  青函トンネルの全長53・85キロのうち、...

新得―富良野は「なるべく早くバス転換」 JRがビジョン発表
2019年04月10日 十勝毎日新聞

 【札幌】JR北海道の島田修社長は9日、記者会見を開き、2031年度の経営自立に向けた長期経営ビジョン(19~31年度)と中期経営計画(19~23年度)を発表した。北海道新幹線の札幌延伸やインバウンド...

岐路の鉄路)年280億円の支援必要
2019年04月10日 朝日新聞

JR北、長期経営ビジョン発表  JR北海道が、再生期間と位置づける2030年度までの長期経営ビジョンを発表した。運賃値上げやコスト削減で190億円の収支改善を見込み、不動産事業を強化しても赤字体質から...

<チェンジ 新知事選択 道内政治の行方>中 立憲・国民 崩れた均衡 悩む連合
2019年04月10日 北海道新聞

 「知事選がダメでも、石川を7月の参院選に出せば勝てるぞ」。道知事選の選挙戦最終日の6日夜、元衆院議員石川知裕氏(45)の選対幹部は札幌市内の事務所で周囲に冗談交じりに語った。  立憲民主や国民民主な...

JR北の長期ビジョン 増収へ課題多く、改善の先行き不透明
2019年04月10日 毎日新聞

 JR北海道が2031年度の経営自立を目指して9日に発表した中期経営計画と長期経営ビジョンは、北海道新幹線や札幌圏の輸送力強化、不動産事業の拡大などを掲げた。ただ新幹線の高速化や輸送力増強には解決す...

31年度に黒字化 JR長期計画 年280億円支援が前提
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道は9日、北海道新幹線の札幌延伸実質初年度となる2031年度に、連結の純損益を黒字化して「自立経営」を実現する長期経営ビジョン(19~31年度)などを公表した。30年度まで国などから年280...

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 北海道建設新聞

 JR北海道は、2031年度の開発・関連売り上げ目標を約1200億円に設定した。北海道新幹線札幌開業に合わせ、札幌駅周辺での不動産事業を強化する。札幌市と手掛ける北5西1、2街区再開発で、タワービルの...

担当記者が道知事選振り返る 鈴木氏勝因は知名度と人脈 「中央の言いなり」に不安/石川氏地方行脚戦略に疑問 気になる野党共闘の行方
2019年04月10日 北海道新聞

 16年ぶりの新人対決となった道知事選は、自民、公明両党推薦の鈴木直道前夕張市長(38)が、立憲民主など5党が推薦した石川知裕元衆院議員(45)を破った。両陣営や各党の担当記者たちが戦いを振り返った。...

共用走行問題「物流考慮を」 JR北海道計画にJR貨物
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道が9日発表した長期経営ビジョンで、北海道新幹線の高速化に向け「貨物列車との共用走行問題を抜本的に解決する」としたことを受け、JR貨物は同日「物流全般への影響も考慮すべき課題。当社の経営の根...

利用促進へ行動計画発表 釧網線など8区間 17年度水準目標
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道は9日、同社が「単独では維持困難」とする10路線13区間のうち、地元負担を前提に鉄路を維持する方針の釧網線(東釧路―網走)など8区間の利用促進策などを沿線自治体とまとめた「アクションプラン...

非鉄道事業を拡大 JR北海道中期計画 ホテル10棟に
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道が9日発表した2019~23年度の中期経営計画では、快速エアポート増強やホテル事業の拡大などを進め、23年度の売上高を18年度に比べJR単独で63億円増の947億円、グループ連結で152億...

沿線住民「値上げ困る」 JR長期計画に不安次々
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道が長期経営ビジョンと中期経営計画を発表し、経営再生や赤字路線の維持に国と道、市町村から年間計280億円の財政支援が必要との見通しを示した9日、JRが「単独では維持困難」とする路線の沿線住民...

JR「自立」ハードル高く 中期計画・長期ビジョン 公的支援、新幹線高速化が前提
2019年04月10日 北海道新聞

 JR北海道は9日発表した長期経営ビジョン(2019~31年度)に、北海道新幹線の札幌延伸実質初年度の31年度に、国の支援なしで黒字化、自立経営する姿を描いた。新幹線延伸で鉄道運輸収入が爆発的に増える...

京王新ホテル5月24日開業 札幌駅北口
2019年04月10日 北海道新聞

 京王電鉄は9日、JR札幌駅北口に近い札幌市北区北8西4に建設中の新ブランドのホテル「京王プレリアホテル札幌」を5月24日に開業すると発表した。新たに設立した同社100%子会社が運営する。  新ブラ...

訪日客ドライブ観光、道央以外も 開発局など通年調査 滞在長期化、広範に移動
2019年04月10日 北海道新聞

 道内を訪れる外国人客のドライブ観光の実態について、国土交通省北海道局と開発局が初の通年調査を実施した。レンタカーで移動する外国人客は、他の交通手段を使う外国人客と比べて道央圏以外の地方に滞在する割合...

10年間で2800億円の支援必要 JR北が認識示す
2019年04月10日 朝日新聞

 経営難に陥っているJR北海道は、再生期間と位置づける2030年度までの10年間、国や北海道、沿線自治体から総額2800億円の支援が必要との認識を示した。運賃値上げやコスト削減で収支を改善しても赤字体...

JR北海道「JRヘルシーウォーキング2019」 27日からスタート
2019年04月10日 交通新聞

 家族や仲間と共に自然とのふれあいを楽しむJR北海道の「JRヘルシーウォーキング2019」が27日からスタートする。今年が22年目で、11月30日までの土曜日・休日に「イベントウォーク」を33回予定。...

JR北海道・AIRDO 「北海道フリーパス」の発売を継続
2019年04月10日 交通新聞

 JR北海道とAIRDO(エア・ドゥ)は、3月末までの期間限定だった「AIRDO北海道フリーパス」の発売を2019年度も継続している。  同パスは、AIRDO便利用者を対象に道央を含めた道東か道北のエ...

☆Aコープびばい本店が5月29日で閉店閉店
2019年04月10日 プレス空知

【美唄】美唄市農協は5日の通常総会で、市内大通東1北1の本部建物内にあるAコープびばい本店を閉店することを決めた。市内2店舗を展開しているAコープ事業の赤字が解消されないため。計画では本店を5月29...

中長期計画発表 黒字化目指す/JR北海道
2019年04月10日 釧路新聞

 JR北海道の島田修社長は9日、経営再建の見通しを示す長期経営ビジョン(2019―31年度)と中期経営計画(19―23年度)など、中長期の経営計画を発表した。北海道新幹線の札幌延伸の翌年度となる31年...

女満別空港ターミナルビルにオープン
2019年04月10日 経済の伝書鳩

札幌の人気スープカレー店の支店「スープカリー奥芝商店女満飛行」が女満別空港ターミナルビル2階にオープンした。  奥芝商店として11店舗目、オホーツク管内では初めての出店。エビの風味たっぷりのスープが特...

3月末6万5691人
2019年04月10日 日高報知新聞

日高管内7町の住民基本台帳に基づく3月末現在の人口は6万5691人で、前年同期の6万6920人から1229人減。前年同期から7町すべてで減少し、平取町は様似町、えりも町に次いで5000人を割った。 男...

ボールパーク圏域勉強会が初会合 北広島 協議会設立へ
2019年04月09日 北海道新聞

 【北広島】北広島市内に建設されるプロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)を核とした地域活性化を話し合う「北海道ボールパーク圏域連携勉強会」の初会合が9日、同市役所で開かれた。北広島、札幌両市、石...

JR北海道が長期経営ビジョン発表 札幌駅“新タワービル”や新幹線高速化…どうする赤字路線
2019年04月09日 hbcnews

新幹線とともに、もうかる会社へ生まれ変わることができるのでしょうか。 9日、JR北海道が長期経営ビジョンを発表しました。 「目に見える成果をあげることが、問題解決をしていくにあたって何よりも大事なこと...

2031年度に経営黒字化計画 JR北海道経営計画公表 高橋はるみ知事に報告 ホテルなど関連事業拡大へ
2019年04月09日 UHB

 JR北海道は9日、ホテルなどの関連事業を拡大させ、2031年度に経営を黒字化させるとする経営計画を公表し、高橋はるみ知事に報告しました。  9日午後6時前、JR北海道の島田修社長は北海道庁を訪れ、経...

周辺の活性化にどうつなげる? ファイターズボールパーク 13市町村が初会合 北海道
2019年04月09日 UHB

 2023年に開業予定のファイターズのボールパークについて建設予定地の北海道北広島市と周辺の自治体が集まり、どのように周辺の活性化につなげていくかについて話し合いました。  三宅真人記者:「ボールパー...

札幌駅“新タワービル”参入…JR北海道が長期経営ビジョン 収支見通しは年280億円規模の支援前提
2019年04月09日 hbcnews

経営を立て直すことができるのでしょうか。 9日、JR北海道が長期経営ビジョンを発表しました。 新タワービルを建設する構想や新幹線の札幌開業などで自立を目指しますが、そこには大きな壁が立ちはだかっていま...

JR 中長期の経営計画を発表
2019年04月09日 NHK

厳しい経営が続くJR北海道は、北海道新幹線の札幌延伸後にはグループ全体で黒字化を実現できるよう、当面の収支改善策などを盛り込んだ中長期の経営計画を正式に発表しました。ただ、この間、国や地元自治体から...

JR北海道再建に2つの壁、悲願の黒字化へ正念場
2019年04月09日 日本経済新聞

JR北海道は9日、北海道新幹線が札幌に延伸する2031年度の黒字化に向け、約400億円分の単年度損益改善をめざす経営計画を発表した。新幹線の高速化や快速エアポートの増発、赤字ローカル線の見直し、ホ...

JR函館線で架線トラブル 特急2本運休 架線に木の枝…異常検知し送電停止 北海道岩見沢市
2019年04月09日 hbcnews

9日正午すぎ、岩見沢のJR函館線で架線に木の枝が引っかかって送電が止まるトラブルがあり、特急列車2本が運休しました。 9日正午すぎ、岩見沢のJR函館線・上幌向と光珠内の間で、架線へ送電ができなくなるト...

JR函館線で送電トラブル 特急2本運休
2019年04月09日 北海道新聞

 9日午後0時10分ごろ、JR函館線上幌向(岩見沢市)―光珠内(こうしゅない)(美唄市)で、架線へ送電できなくなるトラブルが発生した。55分後に運転を再開した。この影響で、午後3時旭川発札幌行特急カム...

JR経営計画で会見
2019年04月09日 NHK

JR北海道は、単独では維持できないとしている釧網線など8つの区間について今後2年間で集中的に取り組む収支の改善策についてさきほど9日午後1時半から島田修社長が記者会見を開き、具体的な内容について説明...

羽田-帯広41位 利用伸び61万人 18年航空輸送統計
2019年04月09日 十勝毎日新聞

 国交省は2018年の航空輸送統計(暦年)の概況を公表した。国内定期航空輸送の旅客数は、幹線が4335万人で対前年比0・5%減、ローカル線は5965万人で同2・5%増。全体では1・2%増で、12年以降...

”駅ナカ”セイコーマート初出店 地下鉄大谷地駅に
2019年04月09日 HTBニュース

 コンビニの駅構内への出店=いわゆる「駅ナカ出店」にセイコーマートが初参入です。地下鉄大谷地駅構内にオープンしました。  セイコーマートはこれまで、地下鉄駅構内には、出店していませんでしたが、今回、通...

JRアクションプラン収支改善へ
2019年04月09日 NHK

JR北海道が今後2年間で集中的に取り組む赤字路線の収支の改善策、「アクションプラン」の全容が明らかになりました。 人口減少が進んでも一昨年度の収支の水準を維持できるよう、無人駅の管理を自治体に委ねる...

道知事選、鈴木氏制す 活力ある本道実現に期待
2019年04月09日 北海道建設新聞

 道知事選は7日に投開票が行われ、前夕張市長の鈴木直道氏が元衆院議員の石川知裕氏との新人対決を制して、初当選を果たした。活力ある北海道の未来の実現を目指して「攻めの道政」と「行動する道政」を掲げる鈴木...

新知事手腕に経済界注目
2019年04月09日 北海道新聞

 7日投開票の道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏。経済政策の中でも手腕が注目されるのが、JR北海道の路線見直し問題と北海道電力泊原発再稼働を巡る判断、本格的な貿易自由化時代に突入した中での農業...

<チェンジ 新知事選択 道内政治の行方>上 自民党 組織選挙より知名度
2019年04月09日 北海道新聞

 「和泉だったら、負けてたかもな」。安倍政権幹部は8日、安堵(あんど)の表情を浮かべた。  自民党は前夕張市長の鈴木直道氏(38)を推薦し、党丸抱えで支援した。4年前の選挙で高橋はるみ現知事が得た14...

北海道)大勝の鈴木新知事、出口調査で見えた強さと弱点
2019年04月09日 朝日新聞

 7日に投開票された北海道知事選は、与党系の前夕張市長の鈴木直道氏(38)が野党統一候補の元衆院議員の石川知裕氏(45)を65万7229票(25・42ポイント)の大差で破って初当選した。朝日新聞社がお...

■【士別市】敬老バス乗車証事業―70歳以上に引き下げ
2019年04月09日 道北日報

―利用は無料から1回100円に ―発行手続きの受付開始 士別市が高齢者を対処にして実施している敬老バス乗車証交付事業が、本年度から変更となった。昨年度まで74歳以上だった交付対象年齢を70歳以上に引き...

バスに堂々「十勝和牛」 ラッピングで1年間PR 振興協【十勝】
2019年04月09日 十勝毎日新聞

十勝和牛振興協議会肥育部会(富永章嗣部会長)は、十勝バス(帯広、野村文吾社長)の車体を使ったラッピング広告で十勝和牛をPRする取り組みを始めた。バスの後部で「十勝和牛」の文字とサシの入った牛肉の写真...

JR北海道経営計画発表 快速エアポート増発や運賃値上げも
2019年04月09日 STV

経営再建中のJR北海道の経営計画が発表されました。快速エアポートの増発や消費税増税にあわせた運賃の値上げなどが盛り込まれています。 JR北海道が発表した経営計画によりますと快速エアポートを来年春までに...

JR北海道がホテル倍増、赤字脱却へ長期計画
2019年04月08日 日本経済新聞

JR北海道が9日に発表する2030年度までの中長期の経営計画で、ホテルの倍増や物販の拡大、今秋の運賃引き上げなどにより約190億円の損益改善を目指していることが分かった。自助努力による採算増と北海...

藤丸、5000万円に減資 再建へ法律上の「中小企業」に
2019年04月08日 日本経済新聞

百貨店の藤丸(北海道帯広市)は16日、資本金を現在の9000万円から5000万円に減資する。これにより法律上の「中小企業」に分類され、国などが定める各種の中小企業支援策を受けやすくなる。同社は20...

北海道議選、自民が36年ぶり単独過半数
2019年04月08日 日本経済新聞

北海道議選(定数100)は自民が改選前から1増の51議席を獲得し、36年ぶりに単独過半数を確保した。公明は立候補した8人全員が当選し、議席を維持。自民、公明が合わせて全議席の約6割を獲得し、議会運...

新知事に聞く 「食と観光に重点」 経済のけん引役に
2019年04月08日 日本経済新聞

北海道知事に就任する鈴木直道氏(38)が8日、日本経済新聞などのインタビューに応じた。150本以上掲げる公約のなかで、まず人口減少対策に取り組むと強調。道内経済の活性化では「食と観光」を重視する方...

初当選から一夜 鈴木直道新知事 UHBに出演 ファイターズに一次産業…北海道の"未来"語った
2019年04月08日 UHB

 7日に投開票が行われた北海道知事選。 無所属で新人の鈴木直道氏が初当選を果たしました。 8日「みんテレ」に生出演し、北海道の未来について語りました。  鈴木直道氏:「昨日ご信任を賜り、身が引き締まる...

道7割・沿線自治体3割で調整
2019年04月08日 NHK

JR北海道の赤字路線の見直しをめぐって道と沿線自治体は、2020年度までの緊急的な財政支援の負担割合を、道が7割、沿線自治体は3割とする方向で最終的な調整に入りました。 JR北海道が単独で維持が難し...

空港の貨物輸送自動化、実験へ 国交省、実施企業を募集
2019年04月08日 北海道新聞

 国土交通省は、空港で旅客の手荷物や貨物を航空機まで運ぶ車両を自動運転化するため、実証実験に当たる企業の公募を始めた。地上業務の人手不足を補うため2020年までの実用化を目指しており、実現すれば、目的...

北海道知事当選の鈴木氏、迅速な決断と実行を
2019年04月08日 日本経済新聞

北海道知事に当選した鈴木直道氏には、高橋はるみ知事が積み残した課題解決について、何より迅速な決断と実行が求められる。今後の人口減少は未曽有のペースとなり、従来の延長線上の対策では通じない事態も想定...

厳しい現実、隠さず示せ
2019年04月08日 朝日新聞

 新しい知事に道民が選んだのは、前夕張市長の鈴木直道氏だった。  夕張市は、道内でも特に厳しい人口減少に直面する「課題先進地」だ。石炭産業が盛んだった1960年に12万人に迫った人口は現在、約8千人と...

3月30日号ー町内人口1万人割れが現実に
2019年04月08日 びえい新聞

3月30日号、1945号も無事に発行 またまた更新忘れで失礼しました。 何と言っても美瑛は4月21日投開票の町長・町議選で 慌ただしい日々。雪融けは進んでいますが風が冷たく、 なかなか春の気分と...

知事選 鈴木氏与野党対決制す
2019年04月08日 NHK

今回の統一地方選挙で、全国で唯一与野党が全面対決した北海道知事選挙は、与党側が推薦する元夕張市長の鈴木直道氏が初めての当選を果たしました。 北海道知事選挙の結果です。 鈴木直道(無所属・新)当選、1...

<道知事選>鈴木氏インタビュー 対道議会「信頼関係構築」 再生エネ「潜在力を磨く」
2019年04月08日 北海道新聞

 インタビューの主なやりとりは次の通り。  ――自民党の候補者選びで、しこりがあるとされる道議会や経済界との関係をどう構築しますか。  「信頼関係が不十分ということが仮にあれば、(説明や対話を)丁寧に...

<道知事選>石川さん 短期決戦「届かなかった」
2019年04月08日 北海道新聞

 「JR北海道の路線見直し問題など争点の是非を明確にして訴えたが、伝える力が不足していた」。落選が決まった元衆院議員石川知裕さん(45)は7日午後8時20分ごろ、札幌市中央区の選挙事務所に姿を見せ、険...

<道知事選>道政一直線、道信じ 鈴木さん「道民目線ぶれることはない」
2019年04月08日 北海道新聞

 道民は38歳のリーダーに未来を託した。前夕張市長の鈴木直道さんが7日、道知事選では16年ぶりとなる新人対決を制した。札幌市中央区の選挙事務所は歓喜に包まれ、鈴木さんも満面の笑みを見せた。元号が平成か...

JR支援具体策は IR迫られる決断 鈴木氏、政策課題待ったなし
2019年04月08日 北海道新聞

 道知事選で初当選した鈴木直道氏は23日に就任し、道政運営を担う。まず直面するのが、JR北海道の路線見直し問題に対する具体的な対応策と、カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)誘致の是非の判断だ。...

道知事選 圧勝で終わりではない 報道センター編集委員山下幸紀
2019年04月08日 北海道新聞

 熱狂的なうねりが起きているようには感じなかった。16年ぶりに北海道の新しいリーダーを選ぶ一騎打ちにしては「盛り上がっていない」との声をちまたで何度も聞いた。それでも38歳の新人鈴木直道氏は、現職のよ...

<チェンジ 新知事選択>いばらの道 攻めの道政なるか 鈴木氏
2019年04月08日 北海道新聞

 歓喜の渦の中、鈴木直道氏は表情を引き締め、言葉を絞り出した。「北海道新時代を切り開く、その先頭に立って、全力で取り組んでいく」  告示前から、優勢が伝えられていた。新人ながら、リベラル勢力が根を張る...

札幌市長選 現職秋元氏が再選
2019年04月08日 NHK

現職と新人の2人の争いとなった札幌市長選挙は、与野党が相乗りで支援する現職の秋元克広氏が2回目の当選を果たしました。 札幌市長選挙の結果です。 秋元克広、無所属・現、当選。 63万4365票。 渡辺...

道議選36年ぶり自民単独過半数
2019年04月08日 NHK

7日、投票が行われた道議会議員選挙で、自民党は過半数となる51議席を獲得し、36年ぶりに単独で過半数を確保しました。 7日、投票が行われた道議会議員選挙は、各党の議席が決まりました。 このうち単独で...

札幌市長選 現職秋元氏再選
2019年04月08日 NHK

現職と新人の2人の争いとなった札幌市長選挙は、与野党が相乗りで支援した現職の秋元克広氏が2回目の当選を果たしました。 札幌市長選挙は、開票が進んでいます。 ▽立憲民主党、国民民主党、新党大地が推薦し...

広報別冊で「鉄路存続に理解を」
2019年04月08日 経済の伝書鳩

JR石北・釧網 守ろう 網走市が全戸配布 JR北海道が単独では維持困難とした石北本線と釧網本線を存続させるため、網走市は特集記事を掲載した冊子を広報誌「広報あばしり」4月号の別冊として全戸配布した。記...

知事選 NHK出口調査では
2019年04月07日 NHK

今回の北海道知事選挙で、NHKは7日、有権者の投票行動や政治意識を探るため、出口調査を行いました。 調査は、道内40か所の投票所で投票を終えた有権者4018人を対象に行い、このうち69%にあたる27...

消えてゆく黒いダイヤ
2019年04月07日 HTBニュース

 国内唯一、いまも坑道で石炭を掘っている釧路。  新年度になりこの石炭の火が家庭から消えることに  なりそうです関係者は口々に、こう言います。  「時代の流れ」だと  釧路石炭販売は家庭用の石炭を配達...

大空町 車3台絡む事故 高速バスと正面衝突で20代女性搬送 意識もうろう状態 北海道
2019年04月07日 UHB

 7日午前、北海道大空町の道道で車3台が絡む事故があり、20代の女性がけがをして、病院で手当てを受けています。  事故があったのは大空町女満別の道道網走端野線、住吉橋付近です。  7日午前9時40分ご...

とかち帯広空港2月利用状況
2019年04月07日 十勝毎日新聞

 帯広市空港事務所がまとめた、とかち帯広空港の2月の東京(羽田線)の利用状況は、前年同月比1・5%増の5万2306人だった。搭乗率は2・0ポイント増の74・2%だった。  航空会社別に見ると、日本航空...

「鉄道員」20年後の風景 浜中淳
2019年04月07日 北海道新聞

 ちょうど1週間前、JR石勝線夕張支線(新夕張―夕張)が最後の運行を終え、127年の歴史の幕を閉じた。  夕張駅で最終列車を見送る市民らの手には黄色いハンカチが握られていた。  黄色いハンカチは、高倉...

<道知事選>最後の訴え、道都舌戦
2019年04月07日 北海道新聞

 道知事選は選挙戦の最終日となった6日、立憲民主など野党5党が推薦する石川知裕氏(45)と、自民、公明両党推薦の鈴木直道氏(38)が、大票田の札幌市で「最後のお願い」を繰り広げた。石川氏は政策と同時に...

野党候補・石川知裕氏は…
2019年04月07日 STV

「私の力不足で、今回、当選には至りませんでした。私自身、北海道独立宣言を掲げて、いま北海道が抱えている課題、中央依存だけでは解決しない、道民のみなさんと一緒に考えて解決したいと訴えました。人口減少問題...

【剣淵町】■道の駅18年度利用者
2019年04月07日 道北日報

―天候の影響少なく増加傾向 ―大型連休前には新商品の販売も 剣淵町の道の駅「絵本の里けんぶち」の18年度利用状況がこのほどまとまり、利用者は昨年度より約1万3000人増の50万5498人となった。道...

さよなら「石炭列車」
2019年04月07日 釧路新聞

 6月末で廃止になる国内唯一の石炭輸送専用鉄道「太平洋石炭販売輸送臨港線」の「さよならセレモニー・運行」(釧路臨港鉄道の会主催)が6日、春採駅で行われた。別れを惜しむ鉄道愛好家ら300人が集まり、さよ...

JR札幌駅北口から200m、300坪超のポッカリ更地出現
2019年04月07日 リアルエコノミー

 JR札幌駅北口の札幌市中央区北7条西5丁目に300坪を超える大きさの更地がポッカリと現れている。形はややいびつだが、これだけまとまった広さの更地が出現するのは最近では珍しい。さて、何になるのか。...

国内唯一の石炭列車 お別れ運行
2019年04月06日 NHK

釧路市で国内で唯一となった石炭輸送の貨物列車がことし6月に廃止となるのを前にお別れの特別列車が運行されました。 釧路市の石炭の選別工場から港までのおよそ4キロを結ぶ「臨港線」は大正14年に開業し、地...

「秘境」小幌駅 豊浦観光の核に 協会、企画次々
2019年04月06日 北海道新聞

 【豊浦】町が農業や漁業に続く産業に育てようと、観光振興に乗り出している。昨年、伊達信金や旅行会社などと、企画立案や事業などを担う「噴火湾とようら観光協会」を設立した。鉄道ファンに「日本一の秘境駅」と...

「重要物流道路」を指定国交省 管内13路線も対象に
2019年04月06日 十勝毎日新聞

 国交省は空港や港と主要な拠点を結ぶ全国の高速道路や国道など、物流上重要な道路を「重要物流道路」として初めて指定した。輸送のほか、災害時にもスムーズな対応が取れる。十勝管内では国道や道道など13路線が...

釧路の「石炭列車」さよならセレモニー
2019年04月06日 HTBニュース

 釧路市で先月、営業運転を終了し、94年の歴史に幕を下ろした「石炭列車」のさよならセレモニーが行われました。  釧路市の春採駅から知人駅までの4キロを結ぶ、「石炭列車」は先月、営業運転を終了しましたが...

ブレーキ表示に不具合 快速エアポート2本運休
2019年04月06日 北海道新聞

 【小樽】6日午前6時55分ごろ、JR小樽駅構内で、発車前点検をしていた新千歳空港行きの快速エアポート(6両編成)にブレーキをかけた際の空気圧力が運転席モニターに正常に表示されない不具合が発生した。詳...

北海道新幹線 携帯の圏外解消へ
2019年04月06日 NHK

トンネル内で携帯電話がつながらない区間が多い北海道新幹線で、国の補助金を使った対策工事がすべてのトンネルで行われることになり、2020年春には全線で「圏外」が解消される見通しとなりました。 北海道新...

日航機、燃料漏れで欠航 旭川発羽田行き
2019年04月06日 北海道新聞

 【旭川】5日午後4時20分旭川発羽田行きの日本航空556便は、出発前点検で、主翼付近から燃料漏れが見つかり、欠航した。乗客247人に影響が出た。...

<道知事選>石川氏、札幌重点 社会保障に軸足 鈴木氏、地方回り食と観光前面に
2019年04月06日 北海道新聞

 道知事選は7日の投開票まであと1日と迫った。立憲民主など野党5党が推薦する元衆院議員石川知裕氏(45)は、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)誘致への反対姿勢や脱原発に加え、大票田の札幌を重...

ご当地入場券 新夕張駅に「引っ越し」
2019年04月06日 北海道新聞

 【夕張】JR北海道は、1日のJR石勝線夕張支線廃止に伴い、「わがまちご当地入場券」の夕張駅での販売を終え、代わりに新夕張駅での販売を始めた。  ご当地入場券(1枚170円)は鉄道利用を増やし、地域を...

国内唯一の石炭専門列車 釧路で「さよならセレモニー」
2019年04月06日 STV

先月で運行を取りやめた国内で唯一の石炭専門列車の「さよならセレモニー」が地元・釧路で開かれ市民やファンが別れを惜しみました。 釧路の石炭列車は、生産量の減少などから先月で運行を取りやめ、94年の歴史に...

JR北とAIRDO「北海道フリーパス」を継続
2019年04月05日 日本経済新聞

JR北海道はAIRDOの利用者が使える道内周遊パス「北海道フリーパス」の販売期限を2020年3月末まで延長した。AIRDOで道内を訪れた場合に道東や道北方面が乗り放題になる周遊券で、当初は19年3...

道の駅 赤字で経営面に課題
2019年04月05日 NHK

総務省が、道内にある11か所の「道の駅」の経営状況について調べたところ、黒字だったのはわずか1か所だけで厳しい経営状況であることが分かりました。 商業施設や休憩施設などが一体となった「道の駅」は道内...

新千歳空港国際線ターミナルビル内のホテル 運営者決まる
2019年04月05日 北海道建設新聞

 新千歳空港ターミナルビルディング(本社・千歳)は、新千歳空港国際線旅客ターミナルビル内に設けるホテルの運営者を碧雲堂ホテル&リゾート(同)に決めた。海外富裕層をターゲットとしたハイクラスホテルと位置...

女満別はGWの穴場? 航空券、昨年より1割安 旅行情報会社「直前でも検討を」
2019年04月05日 北海道新聞

 ゴールデンウイーク(GW)の穴場は女満別? 旅行情報検索サイト運営会社スカイスキャナージャパン(東京)は、同社の検索サイト経由で予約されたGW期間中の往復航空券のうち、女満別を目的地とする航空券の平...

北斗のサクラ 新幹線客にPR 色紙で駅に飾り
2019年04月05日 北海道新聞

 【北斗】市は、北海道新幹線開業3周年や4月下旬に始まる市内のサクラの名所をライトアップする催し「北斗桜回廊」をPRしようと、新函館北斗駅の構内を桜の花びら形の色紙1万枚で装飾した。外は肌寒い日々が続...

函館バス、6日から函館ー江差間で「サイクリングバス」運行
2019年04月05日 函館新聞

 函館バス(森健二社長)は、6日から函館・江差線で自転車を積載できる「サイクリングバス」の運行を始める。毎週土、日、祝日の限定ながら、自転車と一緒にバスに乗って函館―江差間を移動できるようになる。  ...

北海道)新ホテルは8階建て171室 20年1月開業
2019年04月05日 朝日新聞

 新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)は4日、国際線旅客ターミナルビルに建設を進めている新ホテルの概要を発表した。地上8階建てで客室171室、2020年1月に開業予定。「ハイクラスなサービスを提...

【PR記事】 イマジンホテル&リゾート函館、耐震補強・リニューアル工事を終え、リニューアルオープン 北海道函館市
2019年04月05日 遊都総研

「イマジンホテル&リゾート函館」(北海道函館市)は4月1日、耐震補強・リニューアル工事を終え、リニューアルオープンした。 同ホテルは、函館空港より車で5分、JR「函館」駅より車で約12分の海辺...

あす「石炭列車」さよならセレモニー/釧路
2019年04月05日 釧路新聞

3月末で運行を終えた、国内唯一の坑内掘り炭鉱の石炭を輸送する鉄道「太平洋石炭販売輸送臨港線」の「さよならセレモニー」が6日、同線の春採駅(釧路市春採8)で開かれる。「石炭列車」が記念の1往復を行う。当...

見市3月末の人口
2019年04月05日 経済の伝書鳩

11万6944人前月比604人減、年間では995人減 北見市の3月末の人口は11万6944人で2月末より604人減少した。入学や就職、転勤による転出の増加が主な要因。  3月の社会増減は転入688人に...

北海道新幹線、ダイヤ改正で「4時間切り」アピール
2019年04月05日 観光経済新聞

 北海道新幹線の東京―新函館北斗間の所要時間が16日のダイヤ改正で最短3時間58分と4時間を切った。北海道、JR北海道などは26日の開業3周年と時短を記念して、利用促進のキャンペーンを行っている。 ...

航空大手の寡占に風穴 AIRDO就航
2019年04月04日 日本経済新聞

1998年12月20日、北海道国際航空(現AIRDO)の真新しい機体が新千歳空港から羽田空港へ向かって飛び立った。規模では圧倒的に勝る大手による路線の独占が当たり前だった時代。地域発の航空会社を作...

1泊50万円超の部屋も 新千歳空港直結の高級ホテル開業へ「海外富裕層のニーズに応える」 北海道
2019年04月04日 hbcnews

次々に国際線が就航する北海道の玄関口、新千歳空港。 ターミナルビルに直結する、道内トップクラスの高級ホテルが来年開業します。 増え続ける外国人観光客に対応するため増築工事が進む、新千歳空港の国際線旅客...

北海道知事選の争点 JRの路線見直し問題は
2019年04月04日 HTBニュース

 知事選の争点の一つがJRの路線見直し問題。JRが単独では維持困難としてバス転換を提案した5線区のうち3線区は地元が存続を求め合意に至っていません。沿線住民や自治体は知事選の行方を注目しています。  ...

19年度のWTO対象土木 開発局8件で鉄道・運輸機構4件
2019年04月04日 北海道建設新聞

 道内主要発注機関が2019年度にWTO政府調達協定対象として発注する土木系工事がまとまった。北海道開発局発注は札幌開建の新千歳空港整備関連など8件、鉄道・運輸機構が国縫トンネルなど4件がある。道建設...

「やべえな…」ホテル閉鎖にフェリー休止 奥尻島 人口減に挑む若者の焦り <令和知事へ#1>
2019年04月04日 UHB

 新元号のもと、北海道のかじ取りを担う新知事にどんな政策を望むのか、最前線から提言してもらう「令和」の知事へ。  北海道最大の課題「人口減少」について、北海道南部の離島、奥尻島で街づくりに挑む若者たち...

昭和漂う旧上厚内駅舎 窓や除雪用具など70点 浦幌で21日まで資料展
2019年04月04日 北海道新聞

 【浦幌】2017年3月に廃止されたJR旧上厚内駅の駅名板などの資料を展示する「上厚内駅回顧展」が、町立博物館で開かれている。  旧上厚内駅は1926年(大正15年)開設。53年完成の木造駅舎が廃止ま...

旭川駅前に飲食「横丁」開業へ 8月、複数店が入居
2019年04月04日 北海道新聞

 飲食店開業支援のアスラボ(東京)と不動産開発のイントランス(同)は8月にも、1フロアに複数の飲食店が入居する「横丁」を、JR旭川駅近くの雑居ビルで開業する。さまざまな料理を一度に楽しめるのが特徴で、...

道南バスもQRコード決済導入 札幌駅前など5カ所
2019年04月04日 北海道新聞

 【室蘭】道南バス(室蘭)は、札幌など5カ所の乗車券販売所でペイペイなどスマートフォンを使ったQRコード決済を5日から順次導入する。  ペイペイのほか、LINEペイや中国人向けのウィーチャットペイ、ア...

■ 道南バスがあすから登別温泉などでスマホQR決済導入
2019年04月04日 室蘭民報

道南バス(本社室蘭、矢野輝佳代表取締役社長)は、乗車券販売でQRコード決済を導入する。国内外の観光客らが利用できるよう複数のアプリに対応。来年の東京五輪・パラリンピック開幕、民族共生象徴空間(白老)開...

JR北海道 18年度の中途退職者 過去最多に
2019年04月04日 交通新聞

 JR北海道は1日、昨年度の中途退職者が141人に上り、過去最多だった前年度よりさらに21人も増加したと発表した。入社10年以内が8割を占め、保線や電気など工務系に目立つという。  同社によると、中途...

地震からの回復続く北海道観光、ふっこう割がけん引
2019年04月04日 観光経済新聞

 昨年9月の北海道胆振東部地震は死者42人を出し、家屋の倒壊や道路、橋梁、水道施設の損壊など、震源地域を中心に大きな被害をもたらした。同時に道内全域が停電するブラックアウトも発生。道民の日常生活をはじ...

【PR記事】 旧ホテルWBF札幌すすきの、「ホテル バランザック札幌 S6」としてリブランドオープン、運営会社も変更 北海道札幌市
2019年04月04日 遊都総研

旧ホテルWBF札幌すすきの(札幌市中央区)は4月1日、「ホテル バランザック札幌 S6」としてリブランドオープンした。 運営会社も、WBFホテル&リゾーツ株式会社(大阪市北区)からピクニックス...
●indexへ戻る●  ●TOPへ戻る●